「嬉しい日」

我が子達と表現して、ツマグロヒョウモンお世話記を二度記事にした。
全8匹の我が子達、2匹は逃走して不帰、5匹は羽化して旅立った、その時点で1cmにも満たない幼虫が残った。

散歩の途中、民家の優しいオバサンからパンジー3株を頂いて幼虫の食草とした、気に入らないのか食べない。
それでも徐々に大きくなっていた、ある日から猛烈な食欲、大きくなってきたら草が無くなってしまった。

幼虫は2度脱走、都度に戻してパンジーの茎を食べさせた、が、3度目の脱走で見えなくなった。
3日後、駐車場の角の鉢植えにいるのを見つけた、それから2日後に蛹になった。

そして6日後、昼ごはんを食べて外へ出て蛹をみたら”羽化”していた。

IMG_0650.jpg

お嬢様だった、嬉しい嬉しい出来事、これで居残った6頭が無事に旅立った、♂4頭、お嬢様2頭。

この日の朝9時半、山小屋の長男からTELがあった、入山して7日、休みを貰って電波の入る場所まで歩いてTEL。
PCに写真が送られていた。

tanoyama.jpg

残雪が多い双六岳と妻が大好きな高山植物の写真だった、妻が大喜び。
体調は回復していないが、不調の間隔が短くなったと言う、食事は運んでいったお茶漬けメインで食べていると。
それでも安心感がある、この報告も嬉しかった、山小屋は29日まで予約で超満員らしい、回復してくれと祈るmarukei。

嬉しいことはまだある。

IMG_0477.jpg

我が家のフウセンカズラに提灯がぶら下がり始めた、思い入れの野草だ。
このフウセンカズラの縁でブロ友さんと訪問し合うようになった、ハートの種の縁だ、今年も実るだろう。

東海地方は本日梅雨明け、猛暑が続いている、外へ出るのが嫌になる暑さだ、今日も1時間歩いた。
涼しい森では無いので限界の歩き時間だ、みなさんも体調管理を万全にお過ごしください。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:6件

入山の日

北アルプスの山小屋勤めも今年で3年目、昨日、入山の日を迎えた。
当初は日曜日に3人で高山泊、長男の案内で美味しい夕食、月曜日は妻とmarukeiは乗鞍へ
長男は新穂高から入山の計画だったが、天気予報が悪すぎた、そして長男の体調も思わしくなかった。

計画はキャンセル、固辞する長男を説得して高山まで送迎することにした。
無事に送り届けて帰りは”せせらぎ街道”で郡上八幡へむかった、途中の道の駅で休憩。

IMG_0487.jpg

別天地のような風爽やかな”せせらぎ”、幼子な清流に遊ぶ、気持ちのよい時間を過ごした。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

「旅立ちの朝」

待ちに待った”子供達”が凛々しい姿になって旅立った。

IMG_0068.jpg

蛹になって2週間以上経過した今朝、8時過ぎに玄関先に出たら”ツマグロヒョウモン”が羽化していた。
羽化の瞬間は見られなかったが、赤い体液を出して翅を乾かしていた、3頭の成虫が誕生、そして旅立った。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件

親泣かせ、「ひよどり幼鳥」

隣家のモミジの木にヒヨドリが営巣した、我が家の庭を突っ切って巣に通う親鳥たち。
営巣の様子は隣家の方のblog、”ブロ友パソコン相談室”で知る事が出来ていた、そして巣立ちの時が来た。

IMG_8786.jpg

巣立ったのか落ちたのかは不明だが、我が家と隣家の境目の網のフェンスにしがみついていた幼鳥。
不安定なので親鳥も餌を与えるのが大変だ、親は必死に餌を与える、一昨日、昨日、そして今朝撮った写真の物語。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

「巣立ち」

毎日野鳥の声で目を覚ます、ホトトギスなんてのは夜中の1時過ぎから鳴いている郊外の地。
この朝はいつになく騒々しい”ピィピィ”と鳴く声で目を覚ました。

ベットから起きて隣の風呂場の屋上をみたら”ハクセキレイ”の幼鳥が鳴いていた。
直ぐに親鳥が来て餌を与える、”巣立ち”した幼鳥の世話だ。

カメラを取りに階下に降りてベットに座って親鳥の来るのを待った。

IMG_8439.jpg

激しく鳴いて餌をせがむ、親鳥は余裕だ、なかなか餌をあげない、理由はその後にわかった。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件