妻とハイキング

歩いてお昼を自然の中で食べようか?・・もちろんOKが出た。
妻は”シラタマホシクサ”をご所望だ、買い物できて、歩けて、野草もある場所へ・・・。

IMG_1907.jpg

数は少ないが咲いていた湿地の”シラタマホシクサ”、歩いて、昼を食べて、野草を愛でた。
妻との”プチハイキング”を楽しんだ。

夏の蛇峠山ハイク - 後編

美味しい山飯を食べた後は亜高山の野草を探しながら林道を下山、もちろん先導は
野草探しの名人である”我が妻”だ、時間を気にせずに両サイドの路傍を探しながらの下山は楽しい。

IMG_1514.jpg

”オオルリソウ”を見つけることが出来た、この山には相当に通っているがこの野草を見るのは初めてだった。
可憐な花を咲かせていた、毎年、春は6月上旬、夏は7月下旬、秋は10月か11月に訪れている。
8月下旬はあまり記憶がない、従ってこの時期に咲く”オオルリソウ”と出会えなかったのだろう。

iwaakabana.jpg

”イワアカバナ”、山頂付近から1500m付近まで咲いていた、標高1000m以上しか見られない山野草だ。
亜高山の山野草なので喘いで登った甲斐があった、花の蛇峠山、素晴らしいの一言に尽きる。

夏の蛇峠山ハイク - 前編

前夜、天気も良さそうなので”アサギマダラ”に会いに行こうか?、「行く!」、これで決まった。

期待を込めて山頂近く、標高1640mに群れ咲くヨツバヒヨドリに遊んでいた。

IMG_1468.jpg

旅する蝶、「アサギマダラ」に会うことが出来た、我が夫婦には不思議な縁の蝶だ。

妻と初めての登山はこの山だった、地形図も無し、登山道もわからずにひたすら林道を歩いている時に
正規の登山道まで案内してくれた蝶である、それまでは知らなかった蝶、それ以来、毎年会いに来ている。

前編として、山頂近くまでの登りを主体とした記事にした。

久しぶりの鉄塔巡視路

この暑い日中に低山の誰も歩かない鉄塔巡視路を歩く、物好きな一人になった。
そう長くは無いが前半は急坂、どれくらいの体力だろう?、歩いてみる気になった。

IMG_0949.jpg

巡視路は荒れてはいたが道形もしっかりしていた、しかし岩の危ない場所は急坂、流石に息が上がった。

カキラン

例年なら今が盛りのカキラン、別々の場所で3株がようやく開花しだしていた。

IMG_9521.jpg

春の桜は10日遅れ、夏の花も10日遅れ、そう言えば蝶なども遅れて出てきた、10日遅れの夏は来る。