光りに輝く「ムラサキシジミ」

木の花だろうと思って近づいたら・・・思いもよらぬ”ムラサキシジミ”だった。

IMG_7138.jpg

今春の初出会い、恐ろしく美しい表翅、午後の光りに照らされて一際輝いていた。

「私をお寺に連れてって」

この2週間、妻が痛みに苦しんでいる、医師の診断、治療期間の一週間でも改善せず。
紹介状を貰って総合病院で「MR診断」、結果は今週わかるだろう。

MR画像が担当医師に届くまで猶予がある、その間は通院の必要なし、運動は続けなければならない。
午前10時を過ぎた時に妻からお願いがあった、「私をお寺に連れてって!」

marukeiのblogの第一訪問者でもある妻、そして山野草が大好きでもある、写真の山野草を見て実物を
愛でたくなるのも必然、喜んでご案内だ、いつもの散歩道から目的の”お寺さん”へ。

IMG_7129.jpg

お寺の裏山、「シラネアオイ」が出迎えてくれた。

深山の植物、北海道から本州中北部の日本海側にかけての山地帯と亜高山帯のやや湿り気のあるところに分布している。
この地で愛でることが出来るのは、お寺の住職さんが大切に育てているからでもある、感謝!

オオルリ囀る散歩道

いつもの散歩道、自宅から200m先に小さな雑木林がある。
そこで囀っていたのはオオルリ。

IMG_7003.jpg

こんな自宅近くで見るのは初めてだった、岩屋堂と山続きではあるが、民家のすぐ側まで縄張りを広げる。
ちょっとした彼の気まぐれかも知れない。

ピンクのハルリンドウ&チゴユリ

左太ももの痛みは少し軽減しただけ、本来は自重すべきなのかも知れないがどうしても
今春に見たい春花がある、「ピンク色のハルリンドウ」、ゆっくり歩けば大丈夫だろうと出かけた。

IMG_6953.jpg

無数に咲いているハルリンドウの中にたった2株のピンク色のハルリンドウが咲いていた。

そして帰り道、段差の急な斜面なので慎重に地面を確認していたら思わぬ花が咲いていた。

IMG_6972.jpg

「チゴユリ」だ、まったく想定していなかったので儲けた気分、足は少し痛んだが出かけて大正解の森歩きだった。

ミカワチャルメルソウ

愛知、岐阜、長野の山地や湿った場所に咲くユキノシタ科の多年草。
海上の森を紹介しているblogに写真で紹介されていた、通い慣れているはずの海上の森だが
見たことが無い、広い森のどこに咲いているかもわからない、ヒントになる記述があったの出かけた。

IMG_6923.jpg

難なく探せた、ロープで保護されていた、”三河”の冠がついた植物、不思議な魅力を持つ花だった。