御嶽山・・噴火レベル引き下げ

2014年の噴火から3年、いまだ行方不明者が眠る山の御嶽山。
あまりニュースになっていないが気象庁が8月21日に”噴火レベル1”に引き下げた。

地元では立ち入り禁止区域はレベル2のままにするらしい。
我が夫婦は御嶽山に5回登山した、しかし主峰である剣ヶ峰山頂にたったのは1回だけ、理由がある。

P1040618_edited.jpg

標高3067m、日本14位の高さの剣ヶ峰山頂写真、御嶽教の宗教建造物の山頂だ。
これが嫌だった、苦労して登った実感が無い、それ以来、この剣ヶ峰山頂に立つことは無かった。

しかし、2014年噴火の際、この建物に生命を救われた人々がいた、写真左の社務所の軒下の隙間だった。
何人も身を寄せて折り重なるように逃げ込んだらしい、入れなかった方々は犠牲になったらしい。

我が夫婦、御嶽山は相性が良いとは言えない山、今回は過去登山として5回分を抜粋して記事にした。

浅間山・・・小規模噴火 (過去の登山記事)

東日本大震災以来、あちこちで噴火、御嶽の記憶も生々しい。
そして今朝がたのニュースで浅間山噴火、どうなる日本列島、「噴火警戒レベル2」はそのままとか。

浅間山本体、第二外輪山の頂点、前掛山に至るコースが全面閉鎖となる、つい4年前までは”警戒2”だった事を思い出した。

毎日、森や昆虫などを記事にしていたが”読者の皆様も見飽きたころ”だと思い、2009年に”警戒2”の時
第一外輪山を歩いて浅間山の眺望を楽しんだ内容を「過去山カテゴリ」で思い出しながら記事にした。

P1030044.jpg

湯の平から強烈な登り返し、通称”草すべり”の途中から見た浅間山、左端は雲ではなく噴煙、今回もこの程度だろう。

センチメンタルだった一日

朝から雨が降り続く、何もすることもない。
最近、散歩しても撮れる被写体が無い、(marukeiの感性が無いだけ)当然ネタもなくなる。

わずかであるが悩みもある、考えてもなるようにしかならないが我ながら細かい神経にさわる。
降りしきる雨を見ていると何ゆえか感傷的なる、そして思い出す。

2008年、旧野麦街道を歩いた日の事を・・・  (2008年当時の写真が残っていた)

hp2.jpg

野麦峠に向かう飛騨側の集落から乗鞍岳、この峠を越えて岡谷へ工女として働きに出された
娘たち、そんな当時の事を考えながら歩いた道、思わず目頭が熱くなったことを思い出した。

雪の話題ついでに・・過去の雪山の思ひで

雪かきで疲れた、散歩にも出ていない・・・当然だがblogネタも無い。

大雪ついでに・・少ないながら雪の山行での思い出を振り返ってみた。

2009saru.jpg
 <2009年3月、予想外の積雪に苦労した”伊那風越山、猿庫の泉コース途中の樹氷>

雪などは予想外、マイナーなルートで行く、そして迷う、沢の行き止まりで見た光景、美しかった!
右往左往して道を探し、ツボ足でヒィヒィした楽しい思いでの雪山を懐かしむ。

アルプスに想いをはせる (夏山は目の前)

山の本はほとんど買わないが大事にしている本がある。

”ALPS登山ガイド”という日本アルプス簡易ガイド本だ。

P1110919.jpg P1110918.jpg

山小屋宿泊主体だが、地図、標準時間、断面図など、一通りの案内がある本だ。
この本に紹介されていて、日帰りできる山をつぶして行くのを楽しみにしていた。

我が夫婦の力量では叶わぬ山ばかりだが、写真やコースを見ては想いをはせていた。

梅雨明け、そして夏山の季節、やり残した宿題がある、猛暑で引きこもり、本を読み返した一日だった。