梅雨入り散歩

痛む足首が固まらないように梅雨空のなか、買い物ザックと傘の散歩をした。
帰り道、苗が植えられていない田んぼの一角に水草が顔を出し始めていた。

P1100962mono.jpg

眺めていたら水草から雨蛙が飛び込んだ、美しい波紋を描いた。

瀬戸赤津地区散歩

品野や奥品野の大衆向け瀬戸物手工業の減衰を紹介してきた。
瀬戸の焼物は瀬戸物だけではなく工芸品も盛んである。

いわゆる”陶芸作家”が造形する陶磁器やデザイン物を主としている地区もある。
赤津地区が”そこ”である、個人の工房が数多くある、そして名の通った作家も住んでいる。
2回にわたり散歩してので少ない写真だが紹介する。

P1100835.jpg

小さな工房の扉が開いていた、中が面白い!
趣味だろうか?柱時計が3つ(時間もあっている)、視力検査用のシートなど等・・・
なんとアンバランス、何でもありの工房、なぜか楽しくなった。

真夏日の岩屋堂

昨日の周回ハイクの足の疲れが取れない。
でも散歩はかかせない、ほんの前日の整理運動のつもりで散歩に出かけた。

岩屋堂は涼を求める人々で賑わっていた、賑やかな家族の声が響く!
喧噪を嫌って山道に入ってしまった、結果、またまた6km近く歩いたトレーニングに
なった、でも・・・風が通り抜ける爽やかな森を歩くことができた、、、幸せ!

P1100936.jpg
 <暑さを避けて神社の境内で一休みのご婦人達>

海上の森、物見山からP514mまで周回ハイク(散髪刈り上げ君記念歩き)

来週は天気が悪そうだ、折角刈り上げた清々しい我が頭の成果を試すべく
刈り上げ記念行事として森のハイキングに出かけた。

先日敗退した山路町の猿投の森から海上の森へ、物見山から尾根伝いに猿投山方面へ
P514mから送電鉄塔経由で猿投の森へ帰る周回ハイキング、今が旬の”サンコーチョー”の
囀りと姿が見られれば最高だが?
暑くなりそうなので8時に出立した。

P1100895.jpg
 <瀬戸大正池>

連続真夏日(まだ5月なのに・・・)

昨日は暑かった、午後に猿投の森で散歩した。
”黒バンバ”小虫の大群に翻弄された、口、耳の穴まで入り込む、たまらず退散!

本日は早朝5時に散歩、8時半にハローワーク、続けて散髪、10時からは多治見でお買い物
忙しい午前中だった。

12時に清々しい”頭”にヘアバンド、半袖、短パンで涼の森(岩屋堂)へ散歩に出かけた。

P1100879.jpg

山中で使われなくなったベンチの木陰で涼を楽しんだ、風が吹くと別天地!
2時間近くさまよった。

夏日の午後

午前中はどんよりしていたが、午後の日差しは強かった。

暑い暑い!

こんな日はもちろん森と渓谷の散歩に限る!

P1100818.jpg

モミジの若葉に”カワイトトンボ”が休んでいる、キラキラして美しいトンボだと思う。

蛇峠山(1663m)、大川入山登山道(イワウチワの残り花を訪ねて)

毎日が日曜だが、奥様とスケジュールが合わせにくい。
ようやく整合したが、朝9時以降しか行動できない、それでも山に行きたいと言う。
夜も寝ないで(ウソ!)悩んだが行き先が決まらない。
花もみれて、歩けて、景色が良くて・・・(贅沢な悩み)

それでは7年もご無沙汰している”イワウチワ”の残り花探索と山ランチ、楽しいハイキングを計画した。
行先は信州阿智村の治部坂に決定。

P1100790.jpg
 <蛇峠山登山道>

イワウチワ鑑賞、イチョウランとの出会い、ボンヤリの南アルプス展望
楽しい山歩きができた、そして夜のビールは最高だった。

見飽きることのない風景

日課の散歩。
午後3時に出かけた、連日の好天、やはり熱さを嫌って森へ向かう。
寄り道をしながら岩屋堂の瀬戸大滝まで、森の空気を吸いながら
いつもの倍、2時間の散歩を楽しんだ。

P1100756.jpg

山藤の紫が滝の水や岩の黒に映えて和みの雰囲気を醸し出す、自然は良いな!

森の涼を求めて(いつもの散歩道)

夏日が続く、家の中は涼しいので午後一番は散歩に出にくい。
しか~し!毎日のお勤めは必然、それでは森の涼しさしかないではないか!
半袖、首にタオル、汗止めを頭に装着して岩屋堂の森へ向かった。
公園は平日にもかかわらず涼を求めて川で楽しむ家族が見受けられた。

P1100726.jpg

鳥原川の渓谷は涼そのもの、まとわりつく小虫以外は快適な森の散歩になった。

汗まみれ、熱かった午後の散歩

夕食のおかずが一品足りなそうだ。
外は夏日、昼日中の散歩には不向きだが、買い物目的があれば
元気がでる、買い物ザックを背負い、帽子をかぶり、カメラポーチを腰に巻く。
そのスタイルを見たかみさんはニタニタ笑っている・・・格好を気にする年齢ではナイ!(プンプン)

岩屋堂経由でスーパーへ、帰りは通学路経由、約1時間20分の汗かき散歩開始。

P1100708.jpg

太陽の光を十分に浴びた土手は色とりどりの雑草が活き活きと青空に映えていた。

里山満喫(久しぶりの散歩)

良く晴れた一日、森と里を歩いた。
霞んでいたが、お山が見えて嬉しかった。

P1100545.jpg

裏の丘から鈴鹿セブンマンテンと呼ばれる山々を見ゆ!

妻と二人で散歩?(トレーニング?)を楽しんだ。

体調不良でした

長男との嬉しい山行を終えて安眠した翌朝。
早朝に目覚めて寝返りをした瞬間・・・目がまわった!
ここ3年で2度経験した”耳石はがれ”の現象、平衡感覚を司る”耳石”が剥がれて
三半規管の中を移動する、その過程で目がまわるのである。

10秒から40秒くらいは治まらない、尚且つ筋肉痛だ・・・何もできない!
名古屋に帰る息子の送りも妻に頼まざるを得ない情けない状態。
車の運転も危ない、散歩もままならない、(水)(木)とおとなしくしていた。
(金)は大分回復、だが、雨!、散歩もできない、blogネタも無くなった。

くだらないネタだが、最近の散歩や地元の山や畑で被害が増大している”猪被害”対策や
過去に経験した”猪”との遭遇の話題を一つ!

先週、自宅地区の畑の出来事、お守の婆ちゃんと立ち話、猪被害が甚大なので対策が大変!
よく見るとアイデア対策。

P1100224.jpg

ビールの空き缶で”鹿脅し”でななく”猪脅し”のアイデア対策を見た、ナルホド!
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件

南木曽岳1677m、好展望(登り:修行、降り:難行、苦行)

それはある日突然にやってきた。
5/6連休最終日、朝9時半に電話!名古屋に住む長男、”車貸して”どんな用事か?
”山に行きたい”どこだ”南木曽岳”アワワ!いつだ5/7だ!今から帰る、迎えタム!
高蔵寺まで迎え、車中でこの山はイカン、激降りで楽しみは無い!!!
”でもソンナノ関係ネェ”・・・
言ってやった、この山は2度と行きたくないベスト3だ!、”でもソンナノ関係ネェ”・・・
寝る前に言われた、お付き合い結構です、一人で登ります(キッパリ!)
早朝5時、日頃の散歩成果を見せるべく、一緒に行く・・・難行、苦行の開始。

P1100670.jpg
 <山頂から降って登り返した笹原の好休憩地の展望>

日本300名山、吾輩にとっては苦しみ以外に感じられない山の2度目の山行になった。

カワセミに出会った散歩道

連休の混雑を嫌ってマッタリしていた。
午後3時過ぎに散歩に出かけた、遠回りして藪っぽい雑木林を抜けて
いつもの岩屋堂に向かう散歩道と合流、コゲラの鳴き声に交じって甲高い”ピー”と鳴き声!
もしやと溜池をみると”カワセミ”が居た。
慌ててカメラを取り出すが、なにせレンズ位置不具合、故障寸前のカメラ、撮影状態まで時間がかかる
そして連写するが・・・
暫く待ったが帰ってこない、あきらめて進んだが気になって戻った。

またしても鳴き声、深い木の葉の間に姿を発見!停まりそうな枝にフォーカスして待つ!
距離20m以上、最大ズーム、そして見事に停まった、が、なにせコンデジの限界
1分弱の撮影結果はピンボケばかり、ガッカリだ、少々ましな写真をトリミングやレタッチ

へたな写真だが自然に生きるカワセミの写真、貴重なアルバムとなった。

P1100553best3.jpg
 <魚を狙って待機中>


P1100549gbvc.jpg    P1100572bg.jpg
 <からぶりの捕食後に枝に戻って待機>    <再度の捕食後、枝に戻るカワセミ>

郊外に住むありがたさ、ふらっと散歩に出ても偶然と出会える!
20分以上待ったが、カワセミは戻ってこなかった。
30分の散歩、カワセミで30分、歩かない散歩になったが嬉しい午後のひと時だった。

瀬戸物風景(散歩道から見た活力)

郊外の手工業の盛衰状況を紹介してきた。
しかし瀬戸は焼物の町、散歩道を変えて”陶器の素地(焼く前、絵付け前)"を造る
手工業周りを散歩してみた、まだまだ活気がある風景を見ることができた。
この景色は”やっぱり瀬戸”良いですね!

P1100495.jpg
 <素地の天日干し風景>

陶磁器の素地を造る周りを歩き、そして、いつもの田圃道を散策、飽きることない散歩は
心身を健康に保つ秘訣、それが楽しみで歩いている。

尾張白山(237m)、兒の森(展望と花のハイキング)

連休前の平日、午前中は所用で動きが取れない。
風が強いせいか視界良好、山は好展望が期待できる、午後4時からまたまた所用

4時間で展望も花も満足できるハイキングはないか? 早朝に考えた。
車で行けて、歩けて、花もあっての欲張りは尾張白山と決めた。

目的地往復80分、2時間のハイキングコース設定、早い昼飯を済ませて
相方さんと出かけた。

P1100513.jpg
 <尾張白山、神社裏から入鹿池展望>

予想通りの展望と花、約5kmの山と森のハイキング、またしても満足した山歩きだった。

水田に癒された(自ら招いた面倒事)

10数年前から、中度の高血圧で医者通い。
薬が切れるので定期検診で主治医がいる町医者に行った。
何と!2時間近くの待ち!
ジジババが書類を持って右往左往!・・高齢者の検診指定日だった。
当方、通い慣れ、横柄に受付姉さんに”定期検診”と言って、診察券と保険証をカウンターに!

”すみません、これ使えません”若いオネーサマが”ニヤリ”と笑う、隣のネーサマは笑いを
こらえている、突き返されたのは”診察券”ではなく”吾輩の自動車免許証”だった。

ここでひるんでは対面が保てない!
”ゴメンネ”最近、物忘れや大事なことがついつい・・・と言い訳し、尚且つ、冗談だよ
などとホザイタ、それが”ツケ”になって返ってしまった。

その”ツケ”の内容は続きの記事で!
やるせなさを引きずるわけにも行かないので、午後から散歩、田植えが終わった水田に癒された。

P1100483ty.jpg

午後の光が、植えられたばかりの水田に芸術的なコントラストを見せていた・・・美しい! 癒された!