本物を見たくて・・・(フウセンカズラのハート種)

散歩blogで撮影したポックリ袋の花名が解らないと書いた。

直ぐに、訪問してくださる”雪兎”さんから花名と解説までコメントいただいた。

間髪を入れず、これまた訪問いただいている”fumi”さんから種の写真を乗せましたとの便り。

買い物の要請があったのでこれ幸い、前回撮影した路地を通って・・そして戴いてきた。
本物見たさのmarukei、妻も可愛いと言った”フーセンカズラの種”

P1140213.jpg

ゲットしたmarukeiの気分上々、お買い物の後は田圃路や山道を通って1時間50分の
散歩を楽しんだ、本物は可愛い!

笠原潮見の森、 風景編

伸びやかに青空に吸い込まれる木々達、小鳥の囀りを聞きながら歩く森。

P1140132.jpg

今回の記事は風景編、好天、暑くない、ユルリとした時間、特に青空に惹かれたので
空が入った写真を撮りながら歩いた。

笠原潮見の森、 花、蝶の編 (標高480mの散歩道)

日曜日、母の調子が出ない、午前中は引きこもり・・・
昼食後に散歩に誘ったが・・・×、次男の帰宅時間も予定より遅れているので妻も出られない。

チョット遠くまで(遠くといっても車で20分弱)、笠原潮見の森にアサギマダラ訪ねることにした。

P1140130.jpg

日当たりの良い場所のモミジは秋色をこれでもかと美しい姿を見せてくれた。

今回の記事は2回、花や蝶などを紹介、次回はmarukeiが気に入って撮影した風景とします。
お付き合いください。

北風ピィ~プゥ・・寒い午後

台風接近当日の土曜日。
母は朝食後は直ぐに布団の中、寒気がするという(理由は後でわかったが)、お昼に起きてきて
また直ぐに布団の中、気疲れで疲れたので寝室へ、妻も上がってきた。

外は強い雨が降っている・・・眠ってしまった、目が覚めたら午後2時半を過ぎていた。(不覚!)
慌てて薄着で出かけた、前日撮り損ねたヤクシソウの写真撮影を兼ねた散歩だ。

P1140076.jpg

北風がビュー!ブルット来る寒さ!、田んぼに向かわずに裏道から岩屋堂へ向かった。
岩巣山上空に長い帯状の雲がかかっている、早くここにもオイデと誘っているようだ。

雨中の散歩 (返り咲きの花)

台風が近づいた午後、妻はお疲れモード、母は通所介護、外はドンヨリ・・・
山のレインウエアは快適だが、本日はホームセンターの雨合羽と傘を手に外へでた。
田園道から岩屋堂へ、通い慣れどころか少々飽きが来ても良いほどの散歩道。

紅葉はじめ

徐々に色づくモミジ、畦道は春の花(ホント)の返り咲きやら晩秋の花やら・・・
季節感にとまどう散歩道、今年はやっぱり”へん”なのかな?

婆ちゃん散歩方程式: 薔薇(嫁+姑)×息子=円満

朝食後、両太ももが痛むそうな・・・9時に部屋に入って就寝・・・11時に起きてきた。
妻が少し歩かないと筋肉が衰えるヨと話している。

昼食は母の大好きな”とろろ蕎麦”をmarukeiがこしらえた、美味しいと食べた、そしてしきりに
外を見る・・・”雨かネェ~”・・・散歩したそうな雰囲気、行きましょうか?・・喜んで”ハイ”の返事。

P1140005.jpg

雨が降っても退避場所があり、花もある散歩場所、春日井グリーンピアに出かけた。

猿投の森と鉄塔66号

火曜日は大忙し、9時に医者に行って母の健康診断書を貰い受け、その足で道の駅で
野菜の購入、通所介護施設へ出向いて診断書の提出(これで母は風呂に入れる)
午前中が終了、午後一番でショッピングモールへ。

要らぬ荷物は沢山来たが、肝心の肌布団が無いと母が嘆く、羽毛布団を購入、これで寒くなっても安心!
自宅へ戻ったら午後1時半、母と妻にお休み時間が必要なので速攻で歩きに出かけた。

車で8分、海上の森と地続きである猿投の森(山路の森ともいう)、真夏に小虫の大群に散歩を
阻まれた森、小虫は少ないだろうの予測が当たって静かな散策ができた。

P1130990.jpg

紅葉はマダマダだが、一部の木々はそれらしい色を見せる、曇天で光が無いので美しいとは言えないが
気分的には上々、途中、お馬鹿な血が騒いで鉄塔のオマケつき、6km強の散歩になった。

好天気だ! 歩け歩け!

母はデイサービスでお楽しみ、2日間、買い物をしていなかったので尾張旭まで行く。
車中で奥様に森林公園植物園の散歩提案(ホソバリンドウ見物)・・・今日は月曜日ですヨ!

あまりの嬉しさに忘れていた、休館日だ!・・・ガックリ!
買い物をして、昼食を食べて・・・とりあえず森林公園の一般解放地を歩いた。

帰宅しても何故か歩き足りない、半袖、短パンで岩屋堂公園に再度の散歩に出かけた。

午後3時過ぎの森は暗くて静寂、駐車場に夏の忘れ物、楽しかった思い出がサンダルからにじみ出る。

P1130960.jpg

モヤシ様様 (おかげさまでアサギマダラに出会えた)

散歩に出かけるのに一苦労、家を出る口実を自分で探す。
怠惰な生活に慣れきったmarukei、キッカケが欲しい(怠け者でゴンス)

冷蔵庫を覗いたらモヤシが無い、ウホホ・・!、買いに出かける口実ができた。

変化を求めて違う道、地元の路地裏経由、久しぶりにニャンコ道へ向かった。
ニャンコを探していたら・・・ヒラヒラ、エ!・・アサギマダラ!

P1130927.jpg

運よくセイダカアワダチソウに停まった、ヒヨドリ草が大好きな渡り蝶、里で出会うのは初体験
興奮した、そして嬉しい!

散歩の途中で見つけた遊び心

台風26号により、大きな被害を受けた伊豆大島、心が痛む。
被害を受けた方々にお見舞い申し上げます。

瀬戸も雨風が強い3時間だった、渓流沿いのアケボノソウが心配になったので
散歩ついでに見に行くことにした。

岩屋堂公園入口で可愛らしいディスプレーを見つけた。

P1130909.jpg

小さな椅子まである、作った方の遊び心が素晴らしい、センスも素晴らしい。
目の保養を終えて急ぎ足で渓流に向かった。

秋の雰囲気を感じながら歩く

ただ単に歩くのも良いが、秋の雰囲気を感じることができれば尚良し。
花や木の実など、そのももの秋ではなく、何となく秋だナ~と感じる風景を味わった。

P1130887.jpg

”わびさび”とは違う、自然の風景や”そうなんだ”と思える季節になってきた。
吹く風は爽やかより肌寒く感じる・・・冬が早く来そうな雰囲気。

減らせるもの・・減らせないもの・・減らないもの

妻はトレーニングジム、母はディサービス,marukeiは暇・・・

台風が関東に近づいている時間、瀬戸は雨が上がったが風はかなり強い!
早朝、玄関先に様子見に出たら美しい虹がかかっていた。

P1130883.jpg

誰に遠慮しなくても良い時間、散歩に出かけた。

家族は仲良し (母を連れて愛知県緑化センター)

骨粗鬆症が顕著な母、日光を浴びてビタミンDを醸成すべく散歩に連れ出した。
高速道路1区間、豊田市の県緑化センターへ草花散策を試みた。

P1130836.jpg

仲良し親子、30段の階段を登って一休み、母と妻の仲良しぶり・・・何にも言えません!

頑張って1.5kmくらい歩いた、花を見て満足した母がいた。

自治会連区運動会 (快晴、秋晴れの疲れた一日)

町内会役員、町内会計と班長を仰せつかって7ケ月、役員最大行事である自治会の運動会が
秋晴れの日曜日に開催された。

メインの担当ではないが使われる費用、そして班の纏め役として出動、午前7時半に歩いて会場に向かう。

P1130866.jpg

小学校を起点として14の町内会が連なる連区、参加者は1000人近くにもなるかも?
息子たちが通った小学校、何やら懐かしい、たなびく旗に運動会を強烈に感じた。
この風景は今も昔も変わらないと思う。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件

ミニ三脚を壊してしまった・・・なさけない散歩

ダイモンジソウの撮影で手ブレの洗礼を浴びた。
三脚を使用したら露出なども安定するので珍しくミニ三脚を持って出かけた。

岩屋堂公園は11/24から始まるライトアップの準備で大忙し、シャレタ竹垣がナイスだ!

P1130796.jpg

ぶら~りブラブラ里歩き

午後の散歩はかかせない。
marukeiがいない間は同居人の方達はお休み時間(貴重なお昼寝時間)

里をブラブラ歩いた、秋の風情を感じながら・・・気持ちの良い汗をかいた。

P1130758.jpg

民家の庭の富有柿、熟して真っ赤!
小鳥たちの美味しい食べ物になる、里山共生、自然の恵み。

利用価値・・・

普段の散歩では目に入らない景色なのだが・・・
最近の出来事がそういう心にさせるのだろう。

一世を風びした改造車・・・成長してゆく子供のための道具・・利用価値が終えれば捨てられてゆく・・。

P1130750 (2)


安堵した母が20数年間の出来事などを話し出す。
そして”ポツリ”と一言 ”私の利用価値が無くなった”・・と・・・

”自分の身を守るだけのものしか無い、ゴメンナサイ”・・・謝る必要なんか無い!元気が大事!

必殺仕分け人などと言って思い出の品々も仕分けせざるを得ない。
利用価値だけでは判断してはいけないものもある、仕分けも最大限に心を配ろう!

捨てられてゆくものもあれば新しく取り入れるものもある。

人の心だけは捨てないようにしよう!
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件

ダイモンジソウ開花

夫婦で山登りをするまでは花に興味はなかった。
高山や里に咲く花が大好きな妻、花の名前を調べたりするうちにmarukeiも愛でるようになった。

辛い登りの途中に咲く可憐な高山植物に癒され、妻に見せたい一心で次の企画をする。
そのうちに里に咲く花たちも好きになった。

半月遅れだが岩屋堂に咲く貴重な花、ダイモンジソウが開花した。

P1130788.jpg

目立つ場所には咲かない、株数も少ない、先週は蕾だったので期待して出かけた。
藪を漕いで、沢の飛び石をつたって、川に嵌って・・・小さな小さな花を愛でて来た。

寺参拝で和む (婆ちゃん散歩のお付き合い)

眠くならぬよう散歩したいとの婆ちゃん希望。
町内の地理にも慣れていないので近くの寺に連れて行った。

P1130660.jpg
<雲興寺:国有形文化財の鐘楼>

東海自然報道、猿投山登山道の起点、山登りの用意をする人を横目に寺を参拝した
ついでに昔に世話になった陶芸作家のお宅に伺い、庭先と工房を見せてもらった。

アケボノソウ撮影散歩

午後の2時間から3時間はmarukeiの自由になる貴重な時間。
岩屋堂のアケボノソウを見に歩いて出かけた。

P1130685.jpg

淡い星形の可憐な花盛りだった。

町内秋祭り (年2回)の陶祖祭

秋の陶祖祭り、瀬戸の連合自治会に所属する町内会ごとに行われる。

ことしは町内会の役員なので参加しないわけにはいかない。
我が地区は3つの町内会が”山の神”前に集合し、祭事の後、子供たちが獅子頭をかぶって各町内を
ねり歩きお菓子をもらって帰るだけの祭り。

P1130736.jpg

3町内で400世帯以上あるはずだが、御多分にもれず集まった子供は70人くらい・・・
少子高齢化の見本を見ているみたい、子供の元気な姿は良いものだ。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件

海上の森散歩 (小さな生命達)

朝の散歩、種々の手続き、買い物、昼食などを済ませて帰宅したのは午後2時近く。

母上はお疲れでフトンへ、我が妃もお疲れでベットへ・・・
marukeiは元気、歩きたいので久しぶりに海上の森に出かけた。

P1130635.jpg
<花の絵巻>

四つ沢から海上の里、物見山林道で周回の予定だったが、歩き足りないので赤池方面への尾根
途中から三角点への尾根道で三角点、そこから四つ沢に戻る、約6kmの散歩になった。

必殺! 仕分け人 (悪役に徹した一日)

昨日、母の前の住まいから荷物が届いた、4tトラック半分!
空けていた和室にも納まらない・・・先方からはダンボール9ケ位と聞いていたのだが?

開けてびっくり”なんとやら”だ、想定内だが”捨ててくれ”と母が頼んだものまで送ってきたらしい?
ここまでやる?・・・少々腹立たしかったが、我が奥様は平然、こちらで処分するしかないのだから・・・と。
ここで必殺仕分け人であるmarukei登場、額に”悪役”を貼り付け(ウソ!)て母を脇において仕分け開始。

どうにか寝るスペースを空けたのが夕方5時を回っていた、お疲れの一日、今朝の目覚めは遅かった
母を連れて岩屋堂を散歩した。

P1130614.jpg
<秋を切り取る・・・赤色が鮮やかな散歩道>

森の空気を吸い込んだ母の機嫌は上々、自然は人の心を安らかにしてくれる。

やることありすぎて・・・blogネタも乏しい

いやはや、何とも・・・母の転入手続きに奔走中!
地方自治体のシステムの違い?・・簡単には行かない。

・後期高齢者介護保険、認定継続などなど、今までは年金引き落としだったが当面不可!
・各種通帳の住所変更、保険や互助会関連の変更や引継ぎ確認
・母の支払い内容の確認と内容調査

など等、知らないことばかり、勉強になるが・・・これほど大変だとは、強力なパートナーの妻に感謝。

散歩も処理が終わるまでは頻繁に行けない、荷物もまだ届かない。
従ってblogネタも皆無に近い。

今朝方、花の終わった朝顔を見ていたら、蜂にやられたと思っていた”黒アゲハ”と”黄アゲハ”の
幼虫が朝顔の葉を一生懸命食べていた。

P1130574.jpg

P1130575.jpg

黒が3匹、黄が1匹・・・しか~し!、目の前でカマキリが黒に襲い掛かった・・哀れ・・
噛みつかれてしぼんでしまった、普段ならニックキ奴を成敗するところだが、母が来たので
恩赦を与えることにした、首根っこをつまんで遠くの野原に離してあげた。

残り3匹、サナギになって蝶になるところを見てみたい、期待がふくらむ・・・早く見たい!
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件

元気に、無事にお迎えできました (婆ちゃんin瀬戸)

一所懸命に歩いてくれた、手を引かれながらも杖を突いて自分の足で。
婆ちゃんより荷物が・・・重たすぎて5分と持てない!・・何が入っているの・・・

P1130582fujigawa1.jpg
<車窓から:富士川と富士山>

待ち合わせ場所に孫に連れられた婆ちゃん、・・・息子を忘れていた(笑)
”私”です、と言ったら直ぐにニコヤカに笑ってくれた。

始発の新幹線の車窓から、晴れ渡った秋空に”秀麗な富士山”、良き日のはじまりと思った。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件
  • トラックバック:0件