悪役も人の道

悪役・・・ドラマでも日常でも良い人を際立たせる、必要悪だと思う。

IMG_8940.jpg

嫌われ者のカラス、存在感は抜群、何と言われようと逞しい、marukeiも当面はカラスになろう、嫌われ者でも良い。

くじけそうだ・・・・・

母ネタはあまり記事にしたくないのだが・・・

昨日の午前中は母の面倒見に夫婦で別宅へ
午後から散歩に出た、暑さは衰えることを知らない、空はカラットした夏空だが湿気が多い。

IMG_8938.jpg

古代万葉蓮を撮りに行こうとしたら携帯着信音、妻からだった。
母の老人専用住宅の職員から・”胸がバクバク、吐き気がする、医者へ連れてゆけ”と家人に伝えるように言われたらしい。
職員さん、体温測定36.2、問題なしだが来てほしい・・・慌てて散歩から戻った。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

次男もタフだった・・(猿投山629m)

8月に乗鞍を途中から登るのだとか・・・先日、登山靴を買った次男、靴慣らしに山へ連れて行ってと言われていた。

IMG_8915.jpg

自宅から極めて近い山、7分もあれば山に入れる、道中、面白がってmarukeiについて歩く次男・・・
彼もやはり”タフ”な男だった。

お気に入りの場所

海上の森、吉田川沿いの道、好きな場所がある。

IMG_8853.jpg

たった10mの区間だが、緑に陽射しが遮られた場所、何故かしら風通しも良い、川は緩やか
野鳥や昆虫たちも良く知っているのか、この場所に多く訪れる、marukeiも10分以上この場所に溶け込む。

近所の夏

猛暑が続く、昨日の当地は38度を超えた、肌で感じる暑さが違う・・・歯医者の後は一日中引きこもりだった。
本日は午前中は母の所へ、午後は寝ていたが2時半過ぎに歩いて買い物に出かけた。

IMG_8889.jpg

陽炎で揺らぐ町内の道、そよ風にユリが揺らぐ、ソフトフィルターモードで撮ってみた、柔らかい画像、お気に入り。

いいことづくめ

涼しい森から出る気は無い、吉田川沿いを往復2回歩いた。
最初は左右の雑草地帯を丹念に探索、2回目は上を見上げながら野鳥を観察、そして2回目の帰り道。

IMG_8795.jpg
 <サンコウチョウ♂>

尾羽を上げて毛づくろいをするサンコウチョウを撮ることができた。
鳥撮専門でもない、撮るために待つこともしないmarukei、フレームに写っているだけで満足だ。

滅多に撮れる野鳥ではない、枝被りや尾まで入った画像などは望むべくもない、これで十分。
雌や巣立った若い家族たちを近くで見守りながらブルーのアイリングを可愛く傾げていた・・・嬉しかった!

美しきかな残影

蝶が舞う、夏の花々が輝く、真夏の空の下・・・時はゆっくり過ぎてゆく。

IMG_8745.jpg

羽ばたきながらボタンクサギの蜜を吸うモンキアゲハ、レンズがとらえた美しい羽の残影・・・綺麗だ!

最近の出来事-1・2・3

日記なので散歩以外の記事もある。
最近の日常での出来事3つ、記事にしてみた。

(出来事-1)
季節外れの開花。

IMG_8759.jpg

春の季節と共に役目を果たしたシクラメン、この暑さの中突如として一輪開花、蕾もある。
marukeiと同様、我が家の花も変わり者、嬉しいですネ、夏に見られるなんて・・・良いことあるかも。

出来事-2に続く。

里を歩く

ガソリン高騰、年金暮らしのmarukei直撃・・・
しかも、我が4駆はレギュラーだとノッキングの嵐、やむを得ずハイオクタンを入れている・・・遠出はもちろん
近くでもなるべく車を使う頻度を少なくする、節約生活(ウソ!)を試みているのである。

IMG_8654.jpg

子供たちが夏休みに入った午後、久しぶりに田んぼ道を歩いた・・・蒸し暑い午後だった。

奇妙なエスコート

一昨日は”ゲリラ豪雨”で一苦労、極めて近い場所に落雷、大音響と振動に驚いて飛び上がってしまった。
この日は梅雨明け宣言は無いが午後から猛烈な暑さとなった。

冷房の利いた快適な居間にいると体がダレテくる、裏の丘まで歩いた。
工事中の空き地に”ニャンコ”、何やら下を向いて・・振り返って側に行って心配そうにしている・・・

IMG_8694.jpg

大きな大きな”スッポン”の散歩、無事に歩けるようにエスコート中のニャンコだった。

癒された・・・

このところほぼ毎日歩く吉田川沿い、今回は海上の森のメインルートを歩くつもりだった。
車に乗ったら気が変わった、何よりも暑い!、涼んだり人気のない場所をのんびりと散策するには
吉田川沿いが最適、引き寄せられるようにセンターに向かった。

IMG_8577.jpg

相思鳥の鳴き声を聞きながら、誰もいない涼しい森を、時には雑草を覗いたり、川を覗いたりしながら
花や鳥、昆虫たちを探しながら歩いた、期待にたがわず、花や鳥、昆虫、そして可愛らしい野兎に出会った。

海上の森の野兎

連日の猛暑、それでもできる限り散歩を続ける。
しかし、里や町中は辛い、涼しい森の散策が最適・・・海上の森、吉田川沿い、出かけたくなる場所。
赤池の近くで野兎が草を食んでいた、marukeiに気がつかずに一所懸命に草を食む・・・可愛い!



         思わずカメラで動画を撮ってみた、慣れないのでズームボケ、手振れの揺れはご勘弁!
           (注*:右上の高画質再生はクリックしないで再生願います)

猛暑日の海上の森(蝶、昆虫編)

後半は見積もり違いの暑い尾根に苦しんだ散歩。
前半は森の生き物、物見山林道を楽しんだ、暑くとも蝶や昆虫が生き生きとした活動で魅せてくれた。

gomadarakamikiri.jpg

大きいな昆虫、ゴマダラカミキリムシ、低木で好きなようにうごめく、幼いころの血が沸き立つ・・・男(オノコ)の血。
涼しい森までは距離はあるが生き物たちの姿を撮っていたらアットいうまに林道へ着いた。

どうして?・・・地に落ちたモラル

連日の猛暑、瀬戸も35度超え・・・暑いだけでなく湿気も多い。
写真が上手いわけでもない、目新しいものを撮るのでもない、散歩場所も一緒・・・読者に飽きられそう。
一歩外に出るとクラクラするほど、それでも散歩しか楽しみは無い、海上の森へ出かけた。

IMG_8513.jpg

・・・よほどの怒りだ、若い人では無い、分別のある世代の仕業だろう、情けない・・・”地に落ちたモラル”
今年はオオルリも巣ごと盗まれた、最初から盗み目的でカメラを携えてくるらしい。
盗んだ卵をブンチョウに抱かせる。。。手乗りオオルリに育てるそうな、1羽\8000だとか・・・情けない!!!

ゴム長歩きは辛かった!

この日は朝から小雨が降っていた、時には強く、時にはそぼ降る状態、散歩はあきらめていた。
午後になったら雨は止んだ、予報も曇り、まとわりつく湿気・・・森に行こう!

IMG_8435.jpg
 <海上の森、屋戸の湿地、生まれたてのハッチョウトンボの♀>

当初は吉田川沿いを軽く散策のつもり、従って濡れた地面と草木対策のために”ゴム長靴””傘”の出で立ちで
出かけた・・・直ぐに魔がさした、長い距離を歩いてしまった、底の薄いゴム長は辛った、相変わらずの悪い癖!

我が家の玄関先

瀬戸市と言っても街中に住んではいない、多治見市境には車で10分も走れば到着する。
いわゆる郊外に住んでいる、住宅地の一画ではあるが周りは自然が一杯の地だ。
妻は玄関先に花を植えて世話をしている、生き物たちの訪問も多い。

IMG_8393.jpg

昨年貰った小さなハート型の種、元気に育って花をつけ、生き物たちが花による、そしてフウセンが結実。
”フウセンカズラ”・・・袋までハート型、不思議な魅力の植物。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件

森と共に・・・満たされる心

湿気ムンムン、エアコン無ではいられない、森の涼しさと静けさが呼んでいた。
海上、広久手の森は深い、静けさと涼しさが味わえる・・・その前に万博記念公園に寄ってみた。

IMG_8286.jpg

愛地球博でお馴染の”モリゾウ”と”キッコロ”、ここはモリコロパークからゴンドラで瀬戸会場への到着場所。
陶器とタイルで作られた大きな皿が当時そのままだ。
管理人しかいない記念公園、すぐ下は団地、子供たちが遊ぶ声が暑い暑い空に響いていた。

台風一過・・戻った夏空

台風8号が房総半島を横断していた日、午前中は雲が多かったが午後には夏空が戻った。

IMG_8326.jpg

少々風があるので暑さも心地よい、いつもの田んぼ道を花や生き物を探しながら散歩を楽しんだ。

網戸のむこうのお嬢様

お隣さんである、天気の良い日の朝は、このお気に入りの場所で外を眺める。

IMG_7022.jpg

お名前は”ミルク”・・・同居のご夫婦はいつも”ミーコ”と呼んでいた、最近までミーコだと思っていた。
おはようと挨拶すると”ツン”とした顔をする、高貴なお嬢様、可愛いネ!

早朝から地震津波のニュース、擦過の台風・・・自然の猛威とか脅威とか言われるが地球にとっては
当たり前なのかも知れない、そうはいっても被害に合われた方々は大変そのもの。

つい最近、南木曽で箸を買った、南木曽岳にも登った、土石流の場所も良く通る場所・・・
惨状に心が痛んだ。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

台風前の暑い日

台風8号の被害にあった地域の方々にお見舞い申し上げます。
当地、瀬戸市は幸いにも雨の通り道にはならず、少々の強風で済みました。

本記事は台風前の南からの暖気で暑くなった日の散歩記事。

IMG_8279.jpg

自宅を出るときはもう34度を超えていた、長そでを着て里を歩く、1分も経たないのに大汗、木陰の無い
里の舗装道、照り返しで暑い、真夏の様相を見せてくれた・・・・・”暑かった!”

近郊の路地

暑さに負けず・・・思って出たが暑い、町内近郊を歩いた、へばった!

IMG_8271.jpg

製陶関連で生業を立てていた地区、もうどこも操業していない古びた建屋が並ぶ路地を歩いた。
昭和を歩いている錯覚に陥る細い路地、こんな散歩も良いもんだ。

古代万葉蓮

いつもの逆コース、岩屋堂公園から田んぼ道、古代万葉蓮が八重の花を咲かせていた。

IMG_8208.jpg

紅万々という種の古代蓮、花が200枚くらいあるという、仏教画などの極楽浄土に描かれる花、見事だ!

活き活き・・・森の生き物

今朝から雨、シトシト、梅雨そのもの・・・午後から強くなるみたいだ!

この記事は先週に歩いた海上の森、生き物たちが活き活きとした姿を魅せてくれた。

IMG_8128.jpg

赤池の手前、今年3度目の出会い、草を食んでいた、近づいても逃げない、人慣れしているとは思えないが
目玉が可愛い、自然に溶け込んで活き活きと見えた。

(*7/8:再度掲示板にスパム投稿あり、サイト誘導形なので当面の間閉じさせていただきます*)

血圧、一時測定不能

母とmarukei、同時に定期健診の日、朝迎えに行った。
顔を出した途端に”○×ш¶$”という命令を言う・・・血が上ってしまった。

IMG_8160.jpg

自宅近くの破たんした事業所の事務所、新しい買い手がついたのか解体作業が始まった。
用途を終えて新しく生まれ変わるのだろう。

わが母にも言いたい!、このまま朽ちるのを待つのではない、家族とともに前に進んでくださいと!
  • カテゴリ:その他
  • コメント:2件

幼鳥たちの巣立ち

行くとこに迷ったら海上の森へ・・・

IMG_8065.jpg

餌をねだる幼鳥達、森は巣立ちの幼鳥の声が心地よく聞こえる、新しい命が響きあう世界だった。

焼き鳥欲しさに花デート

快晴日の朝食後、ボンヤリと暑いな!今晩のビールは美味そうだ等と早朝から不謹慎なmarukei。
急につまみに”焼き鳥”を食べたくなった、美味い焼き鳥を売ってくれる場所がある・・豊田郊外だ。

IMG_8012.jpg

長男と山に行ったりしているが妻を誘ってはいなかった、大好きな”花”を見に行こうと誘ったら”OK”
愛知緑化センターで花散策デートをメインに焼き鳥買い物をしようと出かけた。

直射日光を避け、幼児を載せて散歩する後姿がとても素敵、木陰の涼しさが伝わってきた。

先日の失敗!

記事を書いている最中に雨が降り出した、蒸し暑い、この記事は暑かった先日の失敗談。

午前中は母の我儘を聞かされて二人ともヘトヘトで帰宅した。
外気は32度を超えている、焼けつくような暑さ、疲れも重なって二人とも眠ってしまった。
午後3時過ぎに目を覚ましたmarukei、半ズボン、半袖、裸足のまま慌てて近所へ飛び出した。

IMG_8073.jpg

車の天板から陽気の陽炎が沸き立つ、ユラユラ~・・・見ているだけで暑い!

そして半ズボン、半袖、素足のままに飛び込んだ雑草地帯・・・”蚊”の餌食になってしまった。
両足、両手・・・数十か所を刺されてしまった、痒くて痒くて・・・直ぐに退散、さんざんな30分の散歩だった。

夏の田んぼ脇

散歩写真しか脳が無いmarukei、いつも同じような写真ばかり、お訪ねになった皆様も少々飽き飽きしているのかも?
それでも写真日記を続けるならば仕方がない・・・”気ままな日常”をありのままに。

IMG_7981.jpg

陽ざしたっぷりの田んぼ、畦道の草刈りの人、幼児を連れたお父さんが自転車で気持ちよさそうに走る。
のんびりした里の風景、慌ただしくなく、時の流れがゆっくり進む・・・こんな光景が好きだ!

森の観察は楽しい

少年時代に帰ったような午後、吉田川沿いと四ツ沢奥まで歩いて森の生き物や花などを観察して歩いた。
タマムシにも出会えた素敵な森は野鳥たちのヒナが巣立ちして間もないのだろう、親鳥たちがセッセと餌運び。

IMG_7906.jpg

キビタキが餌をくわえて何度も行き来する、旺盛な食欲を満たすのには大変だろう、可愛いネ!