夕暮れ時はさびしそう

忙しい日だった、昼過ぎまで4人分の夕食材料の買い物、2人分の昼ごはんづくり・・・
午後2時過ぎに帰ってくる長男の送迎、一段落ついたのは午後4時過ぎだった、裏の丘に出かけた。

IMG_1222.jpg

4時半を過ぎると”秋の日のつるべ落とし”お日様が傾いてゆく・・・空を見ていて歌を思い出した。

♪夕暮れ時は淋しそう、とても一人じゃいられない・・・夕焼け雲さん 伝えてくれよ、あの娘のお部屋の窓際に・・♪

秋の夕まずめは何故か淋しい気持ちになる、家の暖かさや人の温もりが欲しくなる。

歩ける喜び(海上:物見山)

妻は母の所へ、衣替えしない母へ強制執行せざるを得ないらしい。
年老いても女性、marukeiが同行して何やかんやする事でもない、妻も時間を自由に使って!、と、言ってくれた。

美容院に出かけた次男を送り出した後に持参の昼飯をザックに入れて海上の森に出かけた。
午前10時20分ころから歩き出した、ロングコースを計画、森を歩いて尾根をつないで物見山経由で戻るルート。

IMG_1208.jpg

トップ画像は・・・醜いオッチャン・・このところ物見山へ来れば自分撮りをする、今回も前例に従って自分撮り・・・
あまりにも鮮明な醜い姿が写っていたので、露出を落として暗い写真にした、それでも♪横幅黄昏♪が立っていた。

風邪・・・全快!

発熱も一晩でおさまった、朝は少しだるい程度だったが午後は元気全快モード。
妻から一言・・・「治りきるまではおとなしく」、前回は注意を無視してお馬鹿さんの再発。。午後4時まで
本を読んだりして過ごした、体調が良いので身体を伸ばすために自宅から10分の距離の散歩許可が出た。

IMG_1137.jpg

裏の丘へタキちゃんに会いに出かけた・・・残念ながら会えなかった、身体を伸ばして体操しながら歩いた。
気持ち良い!・・・健康でなくては味わえない外気、短い時間だったが楽しい散歩になった。

蝶達が舞う散歩道(畦道散歩の続き)

秋の空を眺めたり、春の野草を探したりした畦道の散歩。
野草に蝶達が舞い飛ぶ・・・のどかな光景、太陽の光に美しい羽がきらめく。

uranasijimi.jpg

シロツメクサに遊ぶウラナシジミ、個体数はあまり多くない、可愛いネ!

春の花咲く秋のあぜ道

好天気に誘われて長い距離を散歩する。
畦道がイイナ!、遠くの里からいつもの散歩道、野草を探しながら散歩を楽しんだ。

IMG_1043.jpg

歩きなさい・・・青空と里の田んぼが誘いかける、ブラブラと屈んで斜面を覗いたり、暖かな畦道が呼んでいた。

帰ってきた”タキちゃん”

この2~3日、朝まずめのベットの中で聞く囀り・・”ヒィ~、ヒィ~”、ジョウビタキの鳴き声だ。
もしかしたらあの愛くるしい”タキちゃん”のお帰りかもしれない。

IMG_1100.jpg

一冬、彼女の愛くるしい姿を見、そして可愛いモデルさんに遊んでもらった、少し痩せていたが渡って来てくれていた。

修行だぜ!・・猿投山

先日の戸倉山登山、あまりにも体たらくな自分に腹が立つ。
病み上がりのせい?、体重増加のせい?おまけに筋肉痛までお土産をいただいてしまった。

筋肉痛も癒えてきたので体力再確認と修行(トレーニング)を兼ねて猿投山に登ってきた。

IMG_1032.jpg

少し紅葉した山頂、三国山のアンテナを眺めて”登山者で賑やかすぎる”山頂を後にした、体力は問題なかった。

戸倉山の紅葉

毎年この山に登るわけがある、それも紅葉の時期に。
秘密基地からだけ拝める素晴らしい景色に魅せられたからである。

IMG_0995bnh.jpg

市ノ瀬尾根の紅葉・・・実に見事!、今回も艶やかな尾根の紅葉を魅せてくれた。
8年前、山頂から市ノ瀬登山道を偵察に反対側をしばらく歩いた、その途中で見つけた場所、展望、紅葉とも
誠に素晴らしい眺めだった、西峰からも東峰山頂からも見ることはできない、それが秘密基地の由縁であった。

奮闘!・・戸倉山(登山記録編)

幾度となく訪れている慣れ親しんだ山、2004年から毎年登る。

妻の骨折時と昨年の母の受け入れ時はこれなかった、一年ぶりの訪問だった。

信州上伊那、駒ケ根と長谷村にまたがる山、沢コース以外は危険個所もなく登りやすい山でもある。
現地では伊那富士とも呼ばれて親しまれてもいる。

IMG_0978.jpg

ゼイゼイ、ヒィヒィと嘆き、相方さんに励まされながら何とか山頂へたどり着いた。

酒の一合は容易く飲んでおかわりするが・・・山の一合はとんでもない量、体力が落ちていたことを感じる山行だった。

”息が上がって溜息ついて”。。”秋色に染まった景色に溜息ついて”・・・そして帰宅後の筋肉痛に溜息ついた。

落ちていた体力

風邪もどうやら回復基調、次の日の登山の予定も控えている。

少しトレーニングをしておかないと山登りに自信が持てない、いつもの散歩に少し上り下りを取り入れることにした。

山野草や自然も撮りたい、そして歩くトレーニングもしたい、欲張り散歩にでかけた。

IMG_0927.jpg

サラシナショーマ、岩屋堂の森の中、ここでしか咲いていない、少し株が増えたみたいだ。
野草もトレーニングもこなした”虻蜂取らず”にならずに済んだが・・・”体力の落ち方が激しかった”

治ったはずだった

2日前の午後。
風邪の熱が引いたので歩かなくちゃ!、と、出かけてみた。
だるい・・・四肢の関節がダルイ、歩き出したら体がフワフワする、短い距離を無理して歩いた。

IMG_0874.jpg

コサメビタキが顔だけ出していた・・・お前さん無理をしてはいけないヨ!、と言われたような。

生きもの?・・写真集

妻とピクニックで撮った生きもの写真。
時々、生きもの?みたいな者などが写っているがゴカンベン、楽しんで頂ければ幸いです!

P1150209.jpg

トップ画像は何と”奥様の撮った写真”marukeiから受けついだ多機能コンデジを使いこなせて来ました。
嬉しい事です。

花巡りとピクニック

木曜日は朝から青空がいっぱい、妻は早朝から洗濯機を回し続けていた、”洗濯姉さん状態”
何から何まで洗ったかわからないほど・・・そして終わったらハイキングの服装とザックを持って降りてきた。

”ウメバチソウ”やホソバリンドウ”を見たい!・・・妻の申し出、断る理由が無い、それではお弁当を持って
大好きな花巡りに行きませう、先週行った県森林公園に遊びに出かけた。

IMG_0839.jpg

ピクニックにこれほどの好天気はないほどだった、爽やかな風と広い芝生で弁当をいただく。
湿地の花巡りや森の枝道を思い切り楽しんだ。

ぶらり街歩き(後編)

ベンチで休憩をとったらぶらり歩きの後半、まずはモンローの店経由で窯垣の小径へ向かった。

IMG_0756.jpg

この風景は瀬戸市のパンフに掲載されている有名な場所だ。
瀬戸市は細い路地と坂の町でもある、従って斜面に家を建てざるを得ない、普通なら石垣などで法面を補強
するのだが陶磁器の町、瀬戸物の型を利用しているのだ、我が品野地区でもこの光景は当たり前だが
ここは良く手入れされていて美しい、改めてみると何とも言えない風情を感じざるを得ない、素敵な場所だと思う。

ぶらり街歩き(前篇)

最初は猿投の森に行くつもりだったが、途中気が変わってしまった。
自宅から車で5分程度の距離にある東公園、まだ歩いたことはないのでそちらに向かった。

公園と運動施設がある、テニスコート駐車場に置き車して歩き出した、道路案内に”一里塚”とあった。
それならば瀬戸の旧中心部までさほど遠くは無い、街へ出て周回した方が面白そうだ。

IMG_0740.jpg
 <通称、宮前といわれている昔からのアーケード、本家、瀬戸焼きそばの店がある>

末広銀座から深川神社、裏通りからモンロウの店、そして”窯垣の小路”を経由して周回した。

湿地めぐり

県森林公園の植物園内にはA、B、Cと名付けられた3つの湿地がある。
四季それぞれに湿地に咲く野草を楽しませてくれる、今回の散歩も湿地めぐりが主体だ。

IMG_0593.jpg

園内に入って直ぐにエナガの歓迎があった、湿地にはどんな野草が咲いているのか・・・C湿地に向かった。

旅の途中の姫君

森林公園を歩く目的があった、渡り蝶であるアサギマダラに出会うことだった。
6月の末に下伊那の蛇峠山山頂でサラサドウダンに舞うアサギマダラを見て以来
標高の高い山に行っていない、里に降りてくる機会を待った、出会えると最高だと思った。

ヒヨドリソウの蜜が好きな蝶なので植物園のなかのヒヨドリソウが咲く場所を歩き回った
出会えないまま最後の望み、展示館前の野草が咲く場所へ・・・

IMG_0650.jpg

嬉しいな! 3頭が舞っていた、高い山から降りてきたのか、それとも北の方から旅してきたのか。
この地で休んで南に旅する、1000km以上の旅、中国や台湾まで旅をする。

昼下がりの公園とカワセミ

3ケ月ごとの食事会の日、午後一番で公園を歩いて、歩いて街へ出てお風呂に入って・・・
贅沢な昼下がり、妻に送ってもらって公園を歩いた。

IMG_0660.jpg

広々とした芝生の園地は家族連れがそれぞれに、そしてゆったりと過ごす素敵な光景があった。

有料公園を出て少し疲れたので一般エリアの池の東屋でプチ休憩、カワセミが飛んできた。

IMG_0714.jpg

いつ出会っても、この宝石色に感動する、ラッキーな昼下がりだった。

小雨

そぼふる雨がさした傘にポトポトと音をたてる。

IMG_0579.jpg

植物は生き返ったようにみずみずしい、雨が強くならないうちに散歩を終えよう、少し足早だった。

美しきかな・・蝶の羽

空も高くなった気がする。
何の目的もなく・・・ただただ歩く、目の前にヒラヒラと舞い降りた蝶・・・羽を全開してくれた。

IMG_0546.jpg

美しい・・・ルリタテハ、夏以来の出会いだった。

アカゲラを見た森

この頃、悪い癖がついた・・・昼飯の後にソファーに横になると眠ってしまう。
この日も目が覚めたら午後2時を過ぎていた、気持ちよさそうに眠っていたと妻が言う・・・

慌てて散歩支度をした、時間が限られているので大好きな吉田川沿いに出かけた。

IMG_0516.jpg
 <暗くて判別がつかない写真になってしまったのでレタッチしています>

遠い、暗い、逆光の三悪だったがアカゲラに狂喜した、何かに出会う吉田川沿い、素敵な散歩道だった。

宇宙のロマン

皆既月食・・・自宅から眺めた宇宙のロマン

絵本のように加工してみました。

かいき2

半分、進みました。

かいき2

ほぼ一直線に並ぶと・・・月の色が赤くかわる・・・壮大な宇宙のロマン!!!

台風一過の午後

荒れ狂った台風も足早に去っていった。
夜半過ぎに風雨が強かったが6時過ぎには静かになった、午後には陽射しが強くなった。

IMG_0481.jpg

妻にお願いして道の駅まで送ってもらった、帰りは買い物と散歩、風に流れる雲をみながら
2時間弱をのんびり歩いて帰った。

井山地区の野草

前記事の続き。

時が止まった様な静かな里、少ない車道から民家の庭先のような細い道から畑や田んぼに入る。
道と言えるような道は無い、作物などに気をつければどこを歩いても雑草の場所。

そして最初に目に飛び込んできた野草は

IMG_0405.jpg

何と!ホトケノザだった、春の花・・・秋でも咲くんだ!・・・大儲けの気分、群落を作っていた。

近くでもチョッピリ遠い里

自宅から2kmも離れていない静かな里だが散歩に行くことは少ない。
いつもの田んぼへ向かったが急に歩いてみたくなった・・・瀬戸井山地区
車が通れる細い道は2本だけ、その道も山裾で全て行き止まり、通り抜ける道は田や畑の畦だけの里。

IMG_0431.jpg

柿の木と彼岸花、南国風の木が入り混じる雑然とした畦道を歩く・・・時の流れをあまり感じない静かな里だ。

ダイモンジソウの開花

御嶽噴火以後、心に棲みついた暗いモヤモヤ感を引きずっている。
そして連日の厳しい残暑・・・真夏日の午後は歩く気持ちを萎えされる、心に”喝”を入れて歩き出す。

IMG_0450.jpg

秘密の場所で開花していたダイモンジソウ、期待しての散歩だったので嬉しい!
小さい崖を降り、足場の悪い水辺に屈んだりのけぞったり悪戦苦闘、暗いのと1200mmの望遠・・・
手振れなど等・・・まともな写真はゼロだった、そして体が痛んだ・・・何でもない姿勢が過酷になる・・・老化だ!

艶やかなり・・・花と蝶

焼き鳥が食べたい。。。お気に入りの店は豊田市藤岡、それなら県緑化センターを散歩してから
買った方が良い、高速道路一区間・・・妻と歩いた1時間、艶やか、そして鮮やかな花を見ながら至福を味わった。

IMG_0366.jpg

花に埋もれて蝶が舞う、何て艶やかな世界、メルヘンチックな世界は美しい。

上々の鯖焼きだった

連日の真夏日・・・こんなに暑い9月は初めて、身体が反応しない。
妻に外食しようかと持ちかけた・・・何にする?、冷たい”天ころうどん”はどうですか・・・・OK!

多治見にある人気のうどん店・・・定休日だった(泣)、めげない、それなら定食屋にいこまい

IMG_0400.jpg

大根おろしたっぷりの鯖焼き、豚汁、肉団子の甘酢あんかけ、辛子明太子、イャ~美味かった!!
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件