旅の記録ー2

ご住職と対面、当方の事情の説明、ご住職の考えを聴いて話し合った。
結果、満額とは言えないが当方の事情をくみ取ってもらえた、少々の宿題は残ったが背中が軽くなった。

後は母の決断と手続きだけ、道筋がハッキリと見えたので一安心。

IMG_4190.jpg

その夜はホテルの部屋から街の夜景を見ながら考えることが多かった、出向いて良かった。

(後日談)
本日、母へ結果の報告に行った・・・あれほど説明して本人も納得していたのだが
覚えていなかった、話が前に戻ってしまった、認知症が足早に進行しているみたいだ。

1時間話してようやく少し思い出したがこのままでは進まないので全権委任を取り付けた・・・疲れた。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件

旅の記録ー1

背中に重たい用事を背負って27年ぶりの地に降り立った。

P1130099sa.jpg

新幹線開通で駅の名は変わった、27年前は”尻内駅(しりうち)”だった、八戸駅は今では本八戸駅に名称変更。
27年前はさびれた駅だったがターミナルビルが建つ華やかな駅になっていた。

3回にわたって旅の記録を綴る、決して良い写真などはないがお付き合いいただきたい。
(カメラは700万画素のポケットコンデジといつものパワーショット併用)
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件

帰ってきました

2泊3日の旅から無事に戻ってきました。

IMG_4162sp.jpg

24日、モヤがかかっていましたが車窓から富士のお山が見えました。
用件も無事に済んで昨日は友と奥様と酩酊するほど酒を飲んで二日酔い状態で只今戻りました。

blogは写真整理しながら更新いたします、皆様のblogへは今晩から訪問させていただきます。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件

オシドリ三昧

<予約投稿記事>

”柳の下に二匹目のドゼウはいた”。
前回のオシドリに味をしめたmarukei、しかし毎日いるわけがない、一昨年はたった一度だけだった。

静かに静かに・・・気づかれないように池の木の陰から覗いた・・近くでツガイが泳いでいた。
カメラの電源オン、入らない・・・バッテリーの半挿入、電源が入る・・彼らは遠ざかっていた。

IMG_4084.jpg

事前に設定を変えておいたので前回より綺麗に撮れた、40分間、オシドリ三昧を楽しんだ。

天日干し

<予約投稿記事>

2/20午後の定例散歩、快晴の暖かい日。

IMG_4003.jpg

瀬戸は焼き物の町、我が品野地区は小さな工場や工房が寄せ集まる地でもある。
”原風景”、焼き物の素地の天日干し、無造作に組み上げられた台に素地を並べて太陽の恵みを頂く。

行ってきます。

この予約記事がUPされる頃は電車の中。

自宅の庭にジョウビタキの”タキ男君”がやってきた、苔の庭でお食事。
ガラス越に写した。

IMG_3964.jpg

IMG_3967.jpg

JR中央線、東海道新幹線、東北新幹線を乗り継いで7時間30分、無事に着くように気をつけます。
では”行ってきます”
  • カテゴリ:その他

ご近所スナップとお知らせ


明日の早朝から3~4日ほど遠くに出かけます。
その間は皆様方のblog訪問はできません。
スマホも無し、タブレッドも無しのmarukeiです、ご容赦ください。
  (記事は予約投稿で3本だけ綴ります)

腰痛も治ってきた、しかし、遠くに旅に出なければならない。
観光ではない、母の残務を代理で処理、どうなるかわからない・・・気が重い。
こなすまで身体を痛めることはできないのでご近所を散歩した。

IMG_4000.jpg

この日も晴れたり黒雲が足早にやってきたり、まるでmarukeiの心の様を映しているみたいだった。

断舎離のご褒美は・・・

一昨日、2階の一部屋を空けるために奮闘、結果、身体を痛めてしまった。

寝ていると固まる、座っていても固まる・・・風呂の椅子に座るのも辛い。
少しでも歩こう、裏の丘の池まで身体を引きずりながら歩いた、そしてご褒美が飛来していた。

IMG_3988.jpg

オシドリ、一昨年にこの池で見て以来だ、目立たない池の奥の淵に泳いでいた・・”美しい”

ユーモアのある”困った君”

午後の陽射しは暖かい、しかし西風が強いと寒い、晴れているが雲の動きも早い、そんな午後の日。

IMG_3935.jpg

小さな川の浚渫工事、重機が鉄のアームを上下させて川を掘る。
川底の虫たちが這い出るのだろうか・・・コサギがアームを恐れることなく掘り起こされた場所に嘴を入れる。

「だめだこりゃ」・・・クレーンの運転手が声を上げる。
「シッ!、シッ!」・・・もう一方がコサギを追い立てる。

一旦は逃げるが直ぐにコサギは戻ってくる、運転手はあきらめた、コサギにかまわず掘り下げる。

鳥の方が賢いのか?、恐さより餌の方が大切なのか?、どことなくのどかな光景に和んだ。

緩やかな時

用事のついでに立ち寄った公園。

IMG_3879.jpg

人がいない公園の一画、若いカップルが遊ぶ・・・
ベタッとした雰囲気もなく楽しそうに笑う娘さん、にこやかに応える若人・・・

その光景を見ているだけだがそこには緩やかな時が流れているようだった。

息子に連れられトレーニング

春が少し遠のいた昨今、毎日雪が舞う。
この日も早朝は雨、朝には雪に変わった、帰宅している長男が歩きに出ると言う。
あてもない、それならば自宅から山を歩いて周回して戻ろうと提案、久しぶりの二人での歩きになった。

IMG_3912.jpg

若さも歩きも違いすぎるコンビ、当然のようにmarukeiは背中を必死に追いかけるだけ・・・
テントを背負って重たいザックでアルプスを歩く輩に付いて行くのもはばかれるが?

とても良いトレーニングになった。

トラツグミと公園の大地

「鵺の鳴く夜は恐ろしい」・・・悪霊島の一説。

鵺はトラツグミの俗称、なかなか見れない野鳥でもある。

IMG_3834.jpg

暫くぶりの再会、梅の枝であたりを見回していた。

春を告げる花

北国で毎日を過ごしていた子供のころ。
雪が溶けだして氷も張らなくなった朝、小学校への田んぼ道、黄色の花が地面から顔みせる。

IMG_3857.jpg

3月下旬だったと思う、marukeiはこの福寿草が花を咲かせだすと春だと思っている。
この花はmarukeiにとって”春を告げる花”。

陽射しが陰った午後の公園、マッタリと春の息吹を楽しんだ。

アカゲラとタキちゃん

所用が重なって散歩の時間が取れない日だった。
こんな日は裏の丘が良い、午後4時近く、短い時間しかないので裏の丘の奥まで往復した。

中型の鳥が雑木林の中でうごめいていた、レンズを向けた、アカゲラだった、慌てた、暗いのだ。
ISOを200から1200へ設定した、その間にアカゲラは100m程遠い雑木林の奥へ移動していた。

IMG_3812.jpg

200倍、2400mm相当の手持ち、ISOも1200、ノイジーで少々ピンボケだが色も姿も写っていた。

ドライフラワー

被写体の少ない冬枯れの散歩道、畦道は春の足音が聞こえるが森の中はまだまだ冬景色。

IMG_3716.jpg

蜘蛛の糸だけで繋がっているモミジの葉、せつない記憶がよみがえる。

10年も前か、信州の山を歩いての帰りの道、ドライ状態の山紫陽花を見つけてこう言った。
「昔は美しい姉様も年月を経ればドライフラワー」・・・妻が”キッ!”と睨んで暫く口もきいてくれなかった。

そんなことを思い出しながらの散歩だった。

雪中散歩

朝方は薄っすらと雪化粧。

IMG_3819.jpg

予報では積雪、この程度の雪化粧でよかった。
母の所へ行ってお世話とお話し、昼食を買って帰宅した・・・”アレレ、卵を買うのを忘れた”

その一言で午後の歩き先は決まった、昼食中に雪が舞ってきた。

キセキレイ

散歩に出た、隣の家の屋根にキセキレイが居る。
里の鳥、毎朝に我が家の前に遊ぶので普段はレンズを向けることは無かった。

IMG_3703.jpg

フィンダーを覗くと美しい黄色が目に飛び込んできた、どんな野鳥でも美しいと改めて思う。
この日は野鳥探鳥散歩になった。

メルヘンチック

気が向いて・・・近所だが普段は行かない所を歩いてみた。

そこには絵本を切り抜いたようなメルヘンチックな世界が待っていた。

IMG_3686.jpg

その場所だけに届く光、エメラルドグリーンに浮かぶ”白いお姫様”。
素晴らしい自然の絵本に酔いしれた。

アトリ

心が落ち着かない日常を過ごしている、母がらみ、愚痴をこぼしている暇はない。
しかし、散歩は欠かさない、そんな時は可愛い野鳥が一番、出かけて100m、群れていた野鳥。

IMG_3609.jpg

アトリ、今冬二度目の出会い、チョクチョクは出会えない、可愛いね!、雌です。
アトリとルリビタキの雌の写真羅列、御慰みでアリンス。

暦の上では”春”です

寒さが戻った、朝晩の冷え込みは強い、しかし風が無ければ日増しに強くなる太陽の恵み。
歩いていて汗ばむ、春の妖精見物、お寺の裏庭にお邪魔させていただいた。

IMG_3647.jpg

日向バイカオーレン、2輪咲いていた、早春に花をつける白い妖精、暦だけではなく
確実に春は近づいていた。

モラルハザード

節分が終わった、”鬼は外”、神代の時代から人の心に”鬼は住む”・・・
豆巻いても自分の心から追い出さなくては世の中は良くならない。

IMG_3601.jpg

毎日の散歩の途中で自然に遊ぶ生き物たちに出会う、それはそれは心を癒してくれる。

しかし・・・・池の周りは”モラルハザード”の残骸がまき散らされている。

IMG_3606.jpg IMG_3605.jpg
  <大きな桶やテレビ、家電製品>

IMG_3603.jpg IMG_3604.jpg
 <冷蔵庫、車の羽?バンパー?>

見るに耐えない、不法投棄注意看板などは何の役にも立たない、”心に鬼が巣食っているのだろう”

どんなりっぱな教育を受けても”道徳心”が蝕まれては社会は良くならない。
何故かしら心が寒くなる、ため息をついた散歩だった。

老化した膝のトレーニング

散歩していると右足が地面をズルすることが多くなった、右膝が上がらないので地面をするのだ。
意識すると上がるが無意識だとダメだ、膝の老化が顕著なのだ。
登山でもっとも筋肉や膝を使うのは”降り”、登り体力、降りは技術とも言われる。

今回の散歩でも同様な右足現象がでたので途中でトーニングに切り替えた。

IMG_3592.jpg

トレーニングを終えた後、裏の丘でクールダウン、素敵な眺望だった。
”綿菓子”みたいな雲が並ぶ、同じ高さにポッコリポッコリ浮かぶ、膝や足の疲れもクールダウンできた。

池面の波立ち

このところ午後から強風が吹く毎日。
散歩していて歩くのも難儀する風の強い日が続いている、カメラを持って出ても
一度もシャッターを切ることなく帰る日もある。

IMG_3591.jpg

身体に感じる風よりも池面のざわめきの方が早い、池のそこだけが盛り上がって見える時もある。

IMG_3587.jpg

カモ達は風を避けて池の淵に集まる、何事もないように仲良く餌を探す。

北西風が弱まってくれば”待望の春の足音が”してくるのだろう。
暦の春は直ぐ側だが・・・

縄張り変更?

ず~っと逢えていない、タキちゃん何処行った?
寒い日の午後、甘いものと野菜を買うためにスーパーへ、いつもの逆コースを歩いたら
自宅から10m、町内集会所の近くに彼女はいた。

IMG_3560.jpg

以前の場所は両側でメガソーラの建設が佳境に入ってやかましい、野鳥も落ち着かないのだろう。
タキちゃんも縄張りを移したか?、いつものと違って忙しく民家の庭を行き来していた。