春景を求めて

「春景(シュンケイ)」、春の景色、春の様子を表す季節の言葉、ぶり返した寒さが続いてはいるが
降り注ぐ日差しの強さと暖かさは日増しに肌で感じることができる。

そんな季節の景色を探してみたくなり散歩の主題とした。

IMG_3014.jpg

昨秋から年を越して色を成す赤い木の実越しに真っ白な”春告げ花”は咲く、素晴らしい春景を切り取った。



強い日射しに野の花たちの勢いが増す。

IMG_3012.jpg

ポツンポツンと咲いていたオオイヌノフグリも緑の葉を背伸びさせて群れ咲くようになってきた。

IMG_3047.jpg

ハナナの黄色も光を浴びて尚一層に輝く、フグリもハナナも春色の代表、ここでも春景が広がる。

しかし暦の上では春だが実際は早春ではあるが冬の名残の方が強い。

IMG_3041.jpg

水を引き入れる前の田んぼは落ち穂のご褒美がたくさん、鳩たちの憩いの場、水が張られたら春本番だ。

春景を探したが見つけられなかった、いつもの散歩道からいつもの池に向かう道中、木々は枯れている。
新芽が萌えるのはまだまだ先だ、枯れ木に絡まって残る雑草の種を求めて野鳥が飛んでくる。

IMG_3008.jpg

イカルだった、一生懸命に、そして上手に種を食べる。

IMG_3010.jpg

大きなくちばしで器用に小さな種を食べる。

IMG_3011.jpg

見飽きない景色に和む、冬場の楽しみだ、新芽が萌えたら野鳥の姿をこれほど鮮明には捉えられない。

まだ冬でもいいかな?、などと思うがやはり暖かい春が良い、ピンクの花びらに囲まれる日が待遠しい。

コメント