百舌鳥の声も春めいて・・・

暖かな一日だった。
前記事は少々marukeiらしからぬ湿った心を呟いてしまった、この季節はやはり春めいたのが良い。

いつもの散歩道に春を探しに出かけた。

IMG_3100.jpg

暖かい日射しに百舌鳥の声が高らかに”春よ来い”と聞こえた、里はどんどん春めいてゆく。



散策は”ツクシ探し”と洒落こんででかけた、気の早いのが顔を出しているかもしれない。

IMG_3097.jpg

畦という畦、土手という土手をくまなく探した、残念ながら気の早いツクシが顔を出していることはなかった。
楽しみは後にとっておくことにしよう、そのほかの春探しをしてみた。

IMG_3103.jpg
 <苦手な方もいると思うのでボカシました>

啓蟄の前に暖かさに釣られて”冬眠から覚めたカナヘビ”が石の割れ目にひっそりとしていた。
”春だ!”生き物たちが活動を始める季節、カエルや蛇なども冬眠から目覚めるのは時間の問題だろう。

IMG_3098.jpg

畦道にタネツケバナも咲き出した、雑草だが可憐な白い花を咲かせる。

IMG_3104.jpg

キランソウも濃い紫の花を広げる、田植えのころの野草、今年はよほど暖かいのだろう。

IMG_3102.jpg

ウメモドキの爆ぜた実が梅の枝にからまる、何とも可笑しい、ウメモドキと梅の競演、綺麗だネ!

IMG_3107.jpg

福寿草の茎も伸びて花も大きくなってきた、やはり春なんだ、間違いなく春がやって来ていた。

IMG_3105.jpg

昨秋から咲いていた10月桜も残り数輪・・・健気に花を咲かせている、青空によくお似合いだ。

春探しに満足しての帰り道。

IMG_3108.jpg

高速道路公団の車が道を塞いでいた、高架橋にかかる木の伐採作業中、初めて見た、大変なんだ道路の保守。
”ご苦労様”と声をかけたらニッコリ笑って頭を下げた、歩行者に迷惑をかけていることのお詫びかも・・・。

IMG_3111.jpg

黄砂で霞んではいたが伊吹山が遠望できた、望遠してみたら雪が少ない、あまりにも少ない。
ここ数年、見たことが無い、やはり春の訪れが早いのだろう、色とりどりの世界がやってくる。

気持ちの良い散歩の季節がやってくる、”元気が一番”

コメント