雑草天国

朝晩は冷え込んで車のフロントガラスが凍りつくが、風が無ければ昼間は暖かい。
岩巣屋山の反対側、井山の里の畦道を歩いた。

IMG_3408.jpg

肥よくな放置畑は雑草天国、ヒメオドリコソウが巨人の如く立ち並ぶ、畦の春の一画、いろんな雑草たちのゆりかごだ。



色鮮やかな世界に昆虫たちの動きが活発になってきた。

IMG_3407.jpg

菜の花は彼らにとっては貴重な蜜の源、せっせと吸蜜に忙しい、marukeiはのんびりと雑草を探す。

IMG_3405.jpg

タネツケバナもより多くの花を開かせる。

IMG_3404.jpg

早い早い!、オニタビラコも咲き始めた、花期は5月~が一般的だが暖かさに背伸びしたのだろう。

miminagusa.jpg

オランダミミナグサ、帰化植物、ナデシコ科の雑草、これも花期は4月~、今年は早い!

IMG_3409.jpg

水辺にはネコノメソウ、小さな黄色が可愛い、これもどんどんと群れを増やす、森の水辺の王者。

帰り道、甘く強い香りが風に乗ってきた、その方向に行ってみた。

IMG_3412.jpg

沈丁花も咲き出していた、香りが強い、春の陽だまりと甘い香りが心をやわらげる。

ディサービスの前を通りかかった、歌の先生の声が聴こえる、”♪青空に緑の葉が・・・・♪”
歌に合わせて”チーン、チーン”とお年寄りが何かを叩く・・・合っていない、先生が歌を歌いなおす。

”チーン、チーン”・・・何も修正されずに音が鳴り続ける、まるで仏壇の鐘を叩いているような・・・
何故かやるせない気持ちになる、楽しいのだろうが高齢化社会、その一員として予備軍のmarukei。

音が聴こえない領域に足早で立ち去った、”元気でいてください先輩方”

*本日の記事は予約投稿、夕方6時から3ケ月に一回の食事会、明日は二日酔い確定だ。

コメント