濡れながら・・・

「春雨じゃ、濡れてゆこう・・・」、何て粋な訳では無い、雨の日は散歩を控えるのだが
歩きたくなる時もある、風もあって横殴りの雨に濡れる、カメラも濡れる。

IMG_3540.jpg

枯れ木についた雨粒が星のようにキラキラ輝る、雨中の散歩の儲け物だと思った。



傘を差していつもの散歩道へ、畦道は遮る物が無い、横風に傘を傾けても雨に濡れる。

IMG_3524.jpg

少し暗いので白花の雑草が映える、田んぼの中に雨は降り注ぐ、大地には恵みの雨である。

大きめのジャンパーの中に首からぶら下げたカメラを入れ込んで雨にあたらないようにして歩く
まるで妊婦さんのようなお腹の出っ張りだ、被写体があれば取り出して写す。

IMG_3523.jpg

遠くに遊ぶカワラヒワ、ズームするとレンズが伸びて雨にあたる、傘も肘で抑えるが動いて邪魔になる。
ピンボケもやむなし、レンズの水滴をその都度掃除、撮りなおす気にはならない。

IMG_3525.jpg

土筆も大きくなってきた、雨の日はシッポリと感じになるので雰囲気が良い。
慌ただしく撮って、レンズを拭いて腹に収める、面倒だが仕方がない、濡れるのでノンビリしていられない。
少々早足・・・それでも綺麗な物は撮りたくなる。

IMG_3530.jpg

雨粒を抱えた花たちは新鮮に見える、水は花たちも大歓迎だろう、

IMG_3533.jpg

宝石のような滴をつけたホトケノザ、淡いピンクや紫がやはり雨に映える、綺麗だ!

畦道を終えれば寄り道などせずにいつもの池まで歩きとおす、池は静かだった。

IMG_3542.jpg

昨日戻ってきたオカヨシガモとオオバンが雨に煙る池を悠然と泳ぐ、彼らも雨が好きなようだ。

雨が強くなった、大きな椿の木の下で雨宿り、雨中の雰囲気を静かに楽しむ。

IMG_3536.jpg

雨宿りの最中にやってきた”アオジ”、そろそろ渡る時期だろう、寒そうに藪で雨宿り
marukeiが帰る時も同じ場所にいた、”元気で帰るんだヨ!”と、声をかけて自宅へ向かった。

玄関先で妻が出迎え、早速にジャンパートとズボンを乾かしてくれた、寒くて疲れた雨中散歩だった。

コメント