春が深まる散歩道

少し遠出した、ポカポカで汗ばむ、そろそろ春本番の雑草も咲き出しても良い気温。

IMG_3603.jpg

遠くの里の土手に”ムラサキゴケ”が咲き出していた、形といい色といい、大好きな春の雑草。

(途中からカメラのホワイトバランス設定を間違えて白熱電球モードで撮ってしまった
        ソフトで直せるがそのままで掲載することにした、お見苦しいのは我慢して下さりませ)



鈍重な足と身体をひきずって遠くの里に向かう。

IMG_3577.jpg

コブシ咲く青空の下、20分も歩けば鈍重さが少し抜けて軽くなる。

IMG_3579.jpg

ホオジロの鳴き声で歩行を止める、ようやく見つけてご挨拶、そろそろ囀っても良い季節だが、まだ地鳴き。

IMG_3580.jpg

考えた人がいるもんだ、犬のふんや小便を注意した看板・・・たぶん無視されたのだろう。
ミニ鳥居をこしらえて看板に立てかけていた、これでは”罰が当たる”、飼い主は犬をここから離すだろう。

甘酸っぱい香りに惹かれた先には

IMG_3582.jpg

沈丁花の香りは遠い先からでもわかる、コンデジ0cmマクロの出番だった。

山里へ着く手前の民家の庭に”蝶が舞う?”、いや”蝶が回る”

IMG_3585.jpg

太陽電池で回る蝶の”おもちゃ”セルロイドのアゲハ蝶が回る、見ていて飽きない。

山里に着いた、光が溢れるのでホワイトバランスをAWB(オート)からマニュアル選択に切り替えた。
そして白熱電球モードに間違い設定してしまった。

IMG_3598.jpg

ノジスミレが咲き出した山里、のどかな雰囲気に歩みはノロイ。

IMG_3605.jpg

キタテハ蝶も動き出した、そろそろ蝶達の舞が見られる。

IMG_3614.jpg

ムラサキハナナ、この野草も春本番の雑草、賑やかになってきた山里の土手。

電線に”ジュウーィ”と独特の声で鳴くのはカワラヒワ。

IMG_3612.jpg

暖かさについつい長居をしてしまう、遠くにきたのだから寄り道せずに帰ろう。
小学生の可愛い娘さんが”こんにちは”と挨拶、「下校が早いですね」と、尋ねたら6年生だけが早いらしい。

そうか卒業式が近いんだ、(昨日が卒業式だったらしい)、可愛い中学生の誕生だ。

コメント