蓮華の花に口づけ

先日、レンゲの花の写真を載せた、その際、プロ友さんである”戸(のへ)のつく町から...”さんからコメントを頂いた。

「幼いころ、学校帰りに蓮華畑で花の蜜を吸った、甘かった記憶が蘇った」、という内容だった。
marukeiも幼いころ吸った記憶が蘇る、あれから日も経過した、蓮華の花も増えているだろう、少々遠いが行ったみた。

IMG_3586.jpg

午後の陽射しに美しい色で沢山咲いていた、しゃがんで顔を近づける、甘い香り、口づけした
やはり甘い優しい味がした、幼いころの記憶が蘇る・・・。



数ある蜂蜜のなかでも蓮華花の蜂蜜は好みである、marukeiが口づけした花の側でミツバチも口づけする。

IMG_3588.jpg

ミツバチの身体で甘くなるのだろう、全国の養蜂家は蓮華花を求めて移動する。

IMG_3591.jpg

絞り優先、0cmマクロで撮ってみた、コンデジの限界だが綺麗に撮れた、暫くは蓮華花と一緒に遊んだ。

帰り道は遠いが自然にいつもの畦道に足が向いていた。

IMG_3712.jpg

花粉玉をつけたミツバチがここでも蜜を集めていた、春の畦は足の疲れも忘れさせてくれる。

IMG_3713.jpg

ツクシもどんどん顔を出す、ツクシ林になりそうだ、もう直ぐいつものオバサンにワシワシと摘み取られる運命だ。

IMG_3718.jpg

ヘビイチゴも咲き出した、早い早い!、一気に春本番に近づいた畦道。

IMG_3716.jpg

緑豊かなツメクサも紫色のキランソウに場所を明け渡す・・・春の賑わい。

ようやく自宅近くに戻ってきた、暑いくらいの気温、首からタオルを外して一汗をぬぐう。

IMG_3597.jpg

色鮮やかなシバクサを愛でながらお茶をグビリと飲む、冷たかった麦茶も温んでいた。

コメント