低山の春・・・その2

山頂手前で引き返した、往きとは違う道を歩いていたが途中から往きと同じ道に戻った。
理由は来たときに必ず歩く道を歩いていなかったからである、そこは探索場所、季節季節で発見がある。

斜面を見つめながら歩いていると見慣れた”タツー”と可愛い姿を見つけた。

IMG_3703.jpg

カタクリ娘だった、何年も通っていたがここにカタクリが咲いているなんて思いもよらなかった。
たった1株、嬉しくて嬉しくて・・・戻って良かった。



湿地を抜けて開けた場所から林道へ出た、のんびり林道を帰るつもりだったが
いつもの場所を歩いていないことに気付いた、妻に戻ろうと言って途中から往きの道へ戻った。

IMG_3698.jpg

戻る途中はショウジョウバカマがあちらこちらに咲いていた、大ぶりな花、まるで夏の花火が開いたように感じる。

IMG_3685.jpg

低山の春の代表野草、今年も出会えた、そろそろ岩屋堂の森にも咲いているかもしれない。

IMG_3680.jpg

キクバオーレンの残り花、2月から咲いているのだろうが前回は見つけられなかったので嬉しい。

IMG_3682.jpg

探索斜面に戻った、ここには何かがある、いつもそうだ、期待しながら歩いた先に

IMG_3701.jpg

一輪の娘が佇んでいた。

カタクリの群生地はそれほど遠くない場所に何か所かある、咲き始めの情報も承知している。
何年か前に訪れて、人の多さやカメラの放列に少々嫌気がさしている。

群生でなくともひっそりと咲いているカタクリも大好きだ、可憐という言葉が良く似合う。

大満足して駐車地に着いた、遠めにピンクのかたまりが見えたので妻と側に行ってみた。

IMG_3679.jpg

ピンクのユキヤナギ、蕾が赤くて梅の蕾みたいだ、これも大儲け、二人でニンマリ笑って車に戻った。

コメント