初春のハイキング(前篇)

出かけたそうな妻、誘ったら二つ返事で準備を始めた。
久しぶりのザックにピクニックシートと保冷袋を入れて豊田郊外の昭和の森と県緑化センターに出かけた。

IMG_3830.jpg

青空に雪柳、真っ白な道を歩いたり、野草を探したり、お弁当を食べて楽しんだ。



下道で藤岡方面から向かう、途中のコンビニで昼食調達、県緑化センターの一番遠い駐車場に停めて
昭和の森を目指して歩き出す。

IMG_3795.jpg

今年初見のフキノトウ発見、幸先の良い歩き始め。

緑化センターの裾道、”平成の小径”と命名された道をのんびりと歩く。

IMG_3801.jpg

クロモジの黄色に目が奪われる、春にお似合いの黄色。

IMG_3796.jpg

ハナノキ、不思議な花、遠くからみると枯葉に見える、くすんだ赤色も青空に映える。

IMG_3799.jpg

コミツバツツジが枯れた斜面を飾る・・・”春が来たんだ”。

長い道を歩いて昭和の森の入り口に着いた。

IMG_3803.jpg

サンシュユのお迎えを受けながら湿地を目指した、足首痛から少し良くなった翌日なので妻が足の心配をしてくれた。
大丈夫、ゆっくり歩けば痛みは無い、背負ったザックの重みが心地よい。

IMG_3805.jpg

湿地はハルリンドウで賑わっていた、今年はハルリンドウの当たり年?、良く出会う、嬉しいね。

昭和の森の奥へ行ったら予定の昼食場所へ行くのに時間がかかりすぎる、途中で引き返して
緑化センターに別の道で向かう、少々アップダウンの道。

IMG_3811.jpg

馬酔木の咲く野の道はすこぶる快適、足も痛まない、苦手な階段は途中まで巻き道で一歩一歩。

IMG_3816.jpg

鈴なりの馬酔木、見上げると青空、景色に酔いそうだ。

IMG_3812.jpg

”ヒメスミレ”が咲いていた、小さな小さなスミレの花、葉に特徴がある、妻が愛らしいと言った。

歩き出して1時間以上経過、ようやく緑化センター内に到着した。

IMG_3819.jpg

お出迎いはレンギョウと雪柳、5分咲き上の雪柳、これなら群生地は見事だろう、外回りの道で向かった。

長い地下カスケードを歩く、地下は寒い、トンネルの出口まで300m、長い距離に感じた。

IMG_3820.jpg

トンネルの出口にトサミズキが満開の花を咲かせていた、下向きの花、この花も黄色の春色。

メイン駐車場を突き抜けて群生地に着いた。

IMG_3827.jpg

やはり5分咲きだった、それでも美しい、モデルさんを依頼してパチリ。

IMG_3826.jpg

桜と雪柳ストリート、咲き出せばもの凄いカメラの放列ができる、それほど美しい。

日本庭園で一休み。

IMG_3831.jpg

白く帯状に見えるのは雪柳、まるでそこだけ雪の大地に見える、時間は12時近い、これからは野草散策
そしてお楽しみの”お弁当”、野草が咲いて居そうな斜面を歩き出した。

===後編に続く===

コメント