ソフトな写真を撮りたくて・・・(沈没)

私の訪問するブロ友さんの多くは写真を趣としている方が多い、見事な写真ばかりだ。
特にこの季節・・・”春の感じ”を柔らかく醸し出す写真に魅入られる。

marukeiは所詮多機能コンデジと記録写真、されど持っている機能でそれらしく撮れないか?
畦道で努力してみた。

IMG_3949.jpg

絞りを変え、露出を変え、あれやこれやといじくり回した、この写真だけがそれなりの”春の感じ”で撮れた。
後は・・・”沈没”



望遠コンデジだが多機能機種、撮影シーンモードにソフトフィルターモードはあるが
春の感じは出せない、歩きながら被写体も見つけては撮った。

IMG_3936.jpg

枝垂れ桜も開花が進む、枯れ草色の畦の土手も緑が増えた。

IMG_3932.jpg

菜の花にモンシロチョウが遊ぶ、素晴らしい被写体、撮りまくった・・・ボツ写真は数えきれないほどだった。

IMG_3950.jpg

しゃがんだり、這ったり・・・設定変更にも疲れた、マアマアほんわか春色の感じに撮れた。

挑戦はこれでお終い、ボツ写真の整理の方が大変だ(爆)、沈没といっても過言では無かった。
気をとりなおして普段の散歩に切り替える、空高く”ヒバリ”が囀る、そして遠くに降りた。

IMG_3940.jpg

田んぼの土と同色、探すのに苦労したが”目ギョロ”のヒバリを写せた、直ぐに飛び立って高空に囀りを響かせた。

畦道が終わって自宅への帰り道

IMG_3948.jpg

トキワハゼが咲き出した、土手の野草もこれで種類も出そろった。

IMG_3931.jpg

ヒイラギナンテンの黄色が目についた、”春色”なので柔らかタッチで再度撮ってみた、良い感じに撮れた。

IMG_3953.jpg

民家の庭先のチュウリップ達も出そろい始めた、周りにはびこるタネツケバナも負けずに花を咲かす。

設定をプログラムに登録、全体的には沈没だったが仕方がない、一眼とレンズは伊達では無い
良い写真が撮りたかったら機材と修練が必須、それと感性も・・・当分は現状努力で頑張ろう!

コメント