心安らぐ場所

近場を含めて散歩する道や森も数多くある。
何処の場所も好きな道や森ではあるが、その中でも何故か心が平穏になる場所がいくつかある。

IMG_4564.jpg

何の変哲もない山間の狭い畑地、突き抜けて彷徨えば隣県である岐阜県、瀬戸の北奥、県境の地である。
野鳥が囀り、野には雑草が咲く静かな山間の地、何もせずにいるだけで心が平たくなってゆく。



大地震は治まらない、被災した方々のニュース映像を見ると心が痛む。

午後になって出かけようとしたらポツリポツリと雨が落ちてきた・・・凹む心、やむなくベットに横になって空を恨む。
目が覚めたら午後2時を過ぎていた、雨は止んでいた、急に安らぎの場所へ行きたくなった。

車を借りて15分、県境の地にやってきた、オオルリの囀りを聴きながら歩く。

IMG_4563.jpg

山裾にニガイチゴの花が満開だった、誰もいない静かな畑地はやはり心地よい。

IMG_4558.jpg

小さな流れの縁にレンゲソウが咲き乱れる・・・訪れて良かった、癒される。

tubosumire.jpg

ツボスミレが歓迎してくれた、ハルリンドウに代わってスミレが野の色を染めてくれる。

立ち止まるたびに心が中が充足されているような感覚になってゆく。

畑地の奥までは1kmも無い、その先は杣道以下の山道、何度か彷徨ったがこの日はそんな気も無い。

IMG_4553.jpg

種が飛んできたのだろう、雑草の中に艶やかなガーデニング種の花が咲く、この地には似合わないが
綺麗な事は良い事だ、負けじとこの地の野の花になって欲しい、杣道の手前で山裾を巡った。

IMG_4556.jpg

ぽつんと一輪・・・ニガナの花は寂しそう、蕾がたくさんついている、もう直ぐに賑やかになるだろう。

IMG_4555.jpg

何と!ショウジョウバカマが残っていた、鮮やかな赤、場違いな美しさに感じた。
のんびりと奥から畑地に戻る、何も考えずボンヤリと畑を眺めて過ごした。

IMG_4561.jpg

カラスノエンドウも大ぶりな花を咲かせて群れている、畑地は肥よくな土地なんだ。

IMG_4566.jpg

ハハコグサが蕾を膨らませる、好き花名だ、高山に登ってみるヤマハハコグサを思い出した。

こんな狭い山間の畑地だが色んな野草が咲き乱れる地、歩くでもなく夢中でカメラを向けるではなく
時のたつのを忘れるような時間を過ごした。

siromoji.jpg

シロモジの愛くるしい花を眺めた、やはりこの地は少し気温が低いのか?いつもの地より花が遅く思える。

IMG_4567.jpg

灌木の中にアブラチャンを見つけた、もう初夏なんだ、この地も春と初夏が入り混じる、やはり素敵な場所だった。

あっという間の1時間と少々、心が安らいだ・・・湿った心が少しは乾いたような気がした散歩だった。


(追)
震源地そのもので暮らすブロ友さんが記事を更新された。
”あの日見たひまわりの花を忘れない”の”かたん♪さんのblog、拡散するつもりではないのですが災害の恐ろしさと
被災された方の辛さを垣間見ることができます、大病を患いながら明日への希望を持って毎日頑張っておられる・・・

お励ましも遠い地で祈る事しかままなりません、命が無事だったことだけでも良かった思いです。

コメント