やられた!、カヤランの盗難

先日、カヤランを写していたらこの場所を知っている人が二人を案内してきた。
両人ともカメラ持参、手の届く場所なので皆さん接写していた、案内は良いが場所が特定されてしまうと
口コミなどで拡散が早い、悪い人の餌食になってしまう、散歩ついでに寄ってみた。

・・・4株咲いていたカヤラン、2株が根こそぎ盗難されていた、懸念が現実になってしまった。

気をとりなおして岩屋堂公園の上部まで歩いた。

IMG_4724.jpg

”ウスの木”が花を咲かせ始めていた、少しは気が休まったが・・・やはり腹立たしい。



いつもの田んぼ道、機械音とともに田ならしが始まっていた。

IMG_4683.jpg

水がはられ、かきまわされた土から虫が這い出るのだろう。

IMG_4687.jpg

コチドリが餌を探す。

IMG_4690.jpg

ダイサギは蛙を狙っているのか身動きもしない。

IMG_4692.jpg

畦道はシジミ蝶が舞い、雑草や野草が咲く明るい農村風景になってゆく。

畦を後にして気がかりだったカヤランの咲く地を訪れた、遠目にみたら黄色い花が目についた、大丈夫?
草を漕いで近づいた・・・一番大きな株と二番目に大きい株が見当たらない、根こそぎ盗難されていた。
残された2株もたぶん風前の灯だろう、本当にドロボウが憎い、先月に別の場所で現場をおさえた時は
オバサンだった、「自然愛好家だから家で増やして戻すから・・」、フザケンジャネェ!と、怒鳴った。

息巻いても仕方がないので散歩に戻った、別な場所に4株ある、盗難の心配はないが見に行った。

IMG_4700.jpg

大きな杉の木に4株、高さは6mから10m、こちらはよほどじゃないと見つけられない、綺麗に花を咲かせていた。

安心したので散歩道に戻って岩屋堂公園に向かった、咲くのを待っている低木の花を見に行った。

IMG_4696.jpg

”トキワマンサク”の花、2輪咲いていた、クルクルパーマの愛らしい花だ。

瀬戸大滝まで歩いて側道を戻る、大好きな”ウスの木”が愛くるしいボンボリをぶら下げはじめていた。

IMG_4723.jpg

可愛らしいの一言!

川の対岸の小高い木の上でオオルリが囀る。

IMG_4720.jpg

雄が先行で渡って来る、そろそろ雌も来ているのかな?アピールの囀りは美しい音色だ。

IMG_4726.jpg

ウワミズザクラも望遠拡大してみると、一つ一つの花が美しい、真っ白な集合体。

橋の欄干に煌めく羽を休めていたのは”サナエトンボ”

IMG_4702.jpg

光線の関係で羽がきらめく、何とも言えない色とキラメキにその場で釘付けになってしまった。

少々腹の虫が治まらないのは仕方がない、いつもの池に立ち寄った。

IMG_4728.jpg

大きな亀が日向ぼっこしていた、悪い奴はいつかは天罰が下る、そう信じることにした。

コメント