飛行機雲と青空

強い風で雲が流れ、抜けるような青空が広がる午後。

IMG_5029.jpg

人々の思いを乗せて飛ぶジェット機、楽しい旅に心を弾ませている人、悲しみに耐えている人・・・
空を見つめてそんなことを考えた散歩の出だしだった。



日課の散歩、自宅からだ、いつもの散歩道へと自然に足が向く、連休中、車道は車の行き来が激しい。
道から外れて畦道に着いてホット一息ついた。

IMG_5021.jpg

コチドリが”ピヨピヨ”泣いて田の中を動き回る、子育て中だろう、強いて撮る被写体も少ない
当然だが3日に1回は歩く道、撮る物が同じでは芸がない、それでも綺麗だと感じると”パチリ”と切る。

IMG_5019.jpg

ニワゼキショウとカタバミ、並んで咲いていると色の対比が美しい。

aretunogiku.jpg

花名が分からない、一株だけ土手に咲いていた、アレチノギクかも知れない、派手ではなくボンヤリと美しい。

畦の土手は田植え後の草刈りが始まっていた、容赦なく機械の刃が雑草たちを薙ぎ払う、暫くは花も拝めない。

畦道に見切りをつけて岩屋堂へ向かった、側道から賑やかな声が聞こえてきた。

IMG_5022.jpg

小学生の遠足、「こんにちは」の挨拶だけで疲れてしまう人数だった、元気を貰えるネ!

一気に瀬戸大滝まで歩いてその先の堰堤近くまで歩いた。

IMG_5028.jpg

温んだ水の流れに疲れも忘れる、木蔭と優しい風の森の中、癒される、ふと下を見ると

IMG_5027.jpg

チゴユリが咲いていた、こんな場所に分布しているとは考えもしなかった、今までは咲いている場所まで
急な尾根を歩いたり沢を歩いたりしていた、遅い開花だがこれで来年から楽して愛でられる、ラッキー!

IMG_5039.jpg

遠い高枝でオオルリが囀る、逆光と100m以上の距離、望遠コンデジでも限界だった。

IMG_5046.jpg

岩屋堂入口の”ベニバナトキワマンサク”が満開だった、帰り道はいつもの池に寄り道。

IMG_5052.jpg

タニウツギが咲き出して賑やかさが増す。

IMG_5053.jpg

クサフジも絨毯のように咲く場所を広げ始めた、青空を背景に一気に咲き出したニセアカシヤ。

IMG_5055.jpg

もう直ぐ白い花吹雪が舞う世界になる、2時間少しの散歩道、今日も楽しく終えることができた。

スライスした我が薬指の回復も順調、帰って写真の整理、blogの下書きを終えたら板長の仕事が待っている。

コメント