タンザワウマノスズクサ

ブロ友さんの記事で咲いていることは知っていたが場所が分からずにいた。
5月に入ったのでもう花期が終わったのかも知れないが森からの帰り道に丹念に探してみた。

umanosuzukusa.jpg

面白い花の形状、タンザワウマノスズクサ、たった一輪残っていた、ようやく愛でることが出来た。



山口の里から戻った、蛇騒動から脱出、三角点に向かって市道を歩きだす。

IMG_5165.jpg

市道の川沿いはクサノオウで賑やかだった。

四ツ沢の手前から山に入って図根三角点へ、霞で展望が無いので長い尾根を歩いた。

IMG_5091.jpg

被写体も乏しいので歩きに専念、5差路を左に曲がって海上の里方面へ等高線を歩いた。

IMG_5092.jpg

森の中で撮れたのはコジャノメだけだった、花も鳥もいない森の中、一服の清涼剤の撮影だった。

森の出口に着いた、山口の里往復から三角点経由の長い道、それなりに足が疲れていた。
迷わずに林道を帰ることにした。

IMG_4866.jpg

ヤマヒョウタンボクが咲いていた、東海以西しか分布していない、貴重な落葉樹だ。

林道を黙々と歩いて市道と合流、本日の第二の目的、ウマノスズクサ探しを実行した、丹念に低木や蔓を探した。

komayumi.jpg

最初に見つけたのは”コマユミ”、花をみたのも初めてだった、毎年何回も歩いているのに・・・

直ぐ近くで蔓を見つけた、慎重に蔓を手繰っていたら

IMG_5151.jpg

ドッキリだった、見つけたタンザワウマノスズクサ・・・見つけてわかった、その気にならなければ見つけられない事が。
教えて貰えば簡単だろうが、こうして探すのも楽しからずやだった。

目的達成なので後はノンビリとあたりを見回しながら散策を楽しむ。

IMG_5121.jpg

立派な姿のクロアゲハが地面の塩分を吸う、里の帰りで悲惨な姿を見ていたので溜飲を下げた。

IMG_5102.jpg

朴ノ木の花が咲き出した、大ぶりで迫力がある、そろそろサンコウチョウの季節だ、朴の花が咲き出すと渡ってくる。

IMG_5095.jpg

ウグイスが登場。

IMG_5100.jpg

いつもは厳つい顔だが愛きょうのある姿で遊んでくれた。

小さい黒い蝶があっちへ飛んだり戻ったり・・・根気強く追いかけて停まるのを待った。

IMG_5159.jpg

今年の初ダイミョウセセリ蝶だった、最後の最後まで楽しませてくれた海上の森、長い距離を歩いた
珍しく3時間近く経過していた、帰って冷たいタオルで汗を拭いて・・・モナカアイスが飛び切り美味かった!!

コメント