ウツボグサ

暫くぶりの畦道、夏花が咲き始めていた。

IMG_6457.jpg

ウツボグサ、山野に咲く夏花、花名の由来は、花の形が弓矢を入れる靫(うつぼ)に似ていることかららしい。
里より山や高原で見る機会が多い、この里でも一ヶ所しか咲かない、里の貴重な野草だ。



我が町内は住宅地だが、空き地など緑が多い、200mも歩けば雑木林が現れる。

nezumimoti.jpg

ネズミモチが咲く細い地道を通って畦に向かう。

IMG_6443.jpg

雑木林でコゲラの鳴き声、見つけたが直ぐに飛んで行ってしまった。

IMG_6442.jpg

オダマキの花は畦との境に咲いている、撮ったら直ぐに畦道に突入。

畦は季節の花と、返り咲いた晩春の花などで賑わう。

IMG_6456.jpg

土手の斜面はキバナカタバミの天下。

IMG_6459.jpg

ムラサキカタバミも負けじと斜面を飾る。

IMG_6455.jpg

一度は姿を消したマツバウンランも返り咲く、賑やかな畦道に足が止りっぱなしだった。

IMG_6452.jpg

ノアザミに仲良く吸蜜する蝶達、何気ない光景だが命の息吹を感じる。

岩屋堂公園を歩いて上流部へ向かっていたら、森の奥でサンコウチョウの鳴き声が聴こえた。
少し戻って鳴き声の方向へ・・・少々負荷のかかる山道に入った。

IMG_6465.jpg

サンコウチョウの姿は見たが写真は撮れなかった、しかし、思わぬ儲け、シライトソウを見つけた。

IMG_6464.jpg

少々くたびれているが、ムラサキシジミもお出ましてくれた、ゼイゼイ、ハァハァと苦労して歩いたご褒美と思った。

岩屋堂の森へ渡って来たサンコウチョウは賢い、人も少なく追いかけられることもない、安心して子育てができる。

IMG_6470.jpg

コマツナギの花に停まるシジミチョウ、裏羽はルリシジミの特徴、しかし飛んでいる時の表羽の模様は
ウラゴマダラシジミに酷似している、何とも言えない、表羽を写したかった。

いつもの池(神田池:ジンデンイケ)へ立ち寄った、実は池の奥に問題があった。

IMG_6472.jpg

産廃置き場、悪臭、扉の前に野積みまま何日も放置していた、3日前にこの業者が逮捕された。
朝からヘリコプターが飛ぶ、取材車が行き交った、行政指導にもかかわらず規定以上の量を放置。

しかし、今でも片付けられることは無い、悪い事をした人は逮捕されるが、ゴミはそのまま放置だ。

IMG_6473.jpg

扉の側でアメリカフウロが咲いていた、季節外れの残り花、ゴミは嫌だが美しいのが残るのは大歓迎だ!


コメント