尾根のキビタキ

気持ちの良い梅雨の晴れ間、好きな道を歩きたくなった。
先日の都会歩きで疲れた心を癒したくなった、海上の森の山道で一番好きな尾根道を歩く。

IMG_6539.jpg

尾根はキビタキの宝庫だった、違う個体が6羽、みんな子育て中、綺麗な鳴き声ではなく、警戒音に迎えられた。



駐車場から四ツ沢に向かう、海上川の緩んだ流れに小魚が遊ぶ。

IMG_6511.jpg

この光景だけで心が落ち着く、都会には無い自然の微睡があった。

IMG_6515.jpg

市道沿いの草むらでイカリモンガを見つけた、テングチョウに似ているが”チョウ目の蛾”である。
蝶でもヨサゲな色と姿をしている、彼らにとっては蝶でも蛾でも関係ないのだが。

四ツ沢から右折して、図根三角点を目指して山道を登る、距離300mの快適な道、直ぐに警戒音
キビタキの雌がmarukeiを巣の遠くに誘導するように近くを飛んで移動する。

IMG_6516.jpg

枝が邪魔だが、真ん丸お目目のお嬢さん・・・いやお内儀さんが可愛らしい、今年初めてのキビタキの♀だった。

IMG_6519.jpg

図根三角点からの眺望、瀬戸菱野団地方面、芸能人”イノッチの奥様である、瀬戸朝香”さんが育った場所だ。

ここから大好きな尾根道となる、明るい尾根道が650m続く、本日のハイライト道を歩く。

IMG_6528.jpg

コシダが繁り、背の低い落葉樹の道は気持ち良い、都会の雑踏と比べ物にならない、蝶が遊ぶ。

IMG_6526.jpg

標高は200m弱、こんな場所にもルリシジミが遊ぶ、胸の羽毛は若干の瑠璃色だった。

10m歩くたびにキビタキの警戒音、彼らの迷惑にならぬように努めて止まらずに歩いた。
尾根の真ん中付近でかなり近くでキビタキが警戒音を発する、少し探してみた。

IMG_6529.jpg

10mも無い距離に彼がいた、枝ごしだが写真に収めて足早に通り過ぎる・・・しかし直ぐに別の個体が警戒音。
いやはや、この尾根はキビタキ道と化していた、これも極めて近そうだ。

IMG_6530.jpg

後ろを向いて警戒音。

IMG_6536.jpg

向き直って警戒音・・・お邪魔虫扱いのmarukeiはまたもや退散しなければならなかった。

尾根が終わると赤池からくる等高線の山道と合流、サテライト方面へ約900mの平坦な道が続く。
花も何もない暗い森の道、奥でサンコウチョウが囀る、彼らも人やカラスを避けて森の奥で子育て、賢い!

物見山登山口を横目に見て林道に合流、森の出口を目指して1kmを下った。

IMG_6547.jpg

クモキリソウを撮って一息、初のお茶休憩だった。

IMG_6544.jpg

湿って暗い森はキノコがお似合い、白い帽子を被って小人のように並ぶ姿が可愛らしかった。

森の出口で市道に合流、四ツ沢に戻って奥に寄り道。

IMG_6550.jpg

濃いピンクのササユリが一輪咲いていた、シジミチョウも昆虫も探せなかったので駐車場に戻った。

約5kmの山道歩き、やはり緑や生きものたちに出会える場所が良い、愛してやまない場所に癒された。

コメント