束の間の晴れ

大気不安定と毎日の予報、まさにその通りの天候。
束の間の晴れまは貴重な散歩時間、毎日のリズムを刻む。

IMG_6901.jpg

湿気が多く”ムッ!”とした暑さがまとわりつく、風が無いとアッというまに汗だくになる。
marukeiの体内はきっと90%の水分で出来ているらしい・・・ではなくて”デブの汗かき”なんだ。



畦道の手前に大ぶりなガクアジサイが見事な花色で咲いている。

IMG_6896.jpg

見事な額だ、青色も美しい。

IMG_6898.jpg

花芯部は花の密集地帯、小さな袋が弾ける。

IMG_6893.jpg

ようやくネジバナも背丈を伸ばし始めた、まだ一株。

IMG_6907.jpg

ベニシジミも活発に動き出す、雨の日はひっそりと葉の裏に隠れている、日射しは生きものエネルギー。

IMG_6935.jpg

モンキチョウの黄色が鮮やかだ、緑に映える。

暑いのでノンビリしていられない、汗を拭いて木陰を目指した、お寺の境内の手前

アガパンサス

民家の庭先にアガパンサスが咲いていた、栽培種も美しい、花は心を安らかにしてくれる。

IMG_6909.jpg

背丈が伸びないまま咲き出した秋桜、今年は咲いている期間が長そうだ。

お寺の境内で涼んだ、気持ちが良いので動きたくなかった、帰ろう!寄り道せずに帰ろう!

IMG_6914.jpg

馴染の奥様から声がかかる、”暑いネ!”、奥様が世話をしているボタンクサギがもう咲き出した。
クサギが咲き出すとアゲハ蝶の季節、撮りに来る機会が増えそうだ。

最期の上り坂で少々バテ気味、栗の木の下で休憩。

IMG_6931.jpg

イガグリ坊主も大きくなってきた。

yabujirami.jpg

所狭しとヤブジラミが群れ咲く雑草地、ここでカメラを収納、ひたすら歩いて自宅へ帰った、汗だくでバテてしまった。

苦労してカロリーを消費すると反動でビールが美味い、過分に飲んでしまう、悪循環の真夏はすぐそこに・・どうしよう。

コメント