引きこもりと撮影練習

午前9時過ぎから降り始めた雨は強くなったり弱くなったり。

IMG_7561.jpg

前日に塗ったワックスが効いて、フロントに落ちた雨粒が弾ける、妻はトレーニングジム、静かな一日の始まりだった。



部屋にこもりっぱなしは良くない、しかし、強い雨なのにうろうろも出来ない、玄関先が落ち着き場所。

IMG_7560.jpg

玄関先の小さな花壇はアサガオ、フウセンカズラなど等の花畑、雨に濡れる。

部屋に戻って読書。

IMG_7562.jpg

図書館で借りた本もあと2冊で終了、これから読むのは”倍返しの半沢直樹”、3日で読破の予定だ。

きりの良い所で本を置いたら11時を過ぎていた、妻の分を含め昼食作り、戸隠蕎麦を茹でておろし大根の盛蕎麦を作った。
雨が強いままだった、妻が帰宅したので部屋に戻った、今度はカメラの説明書の再熟読。

暗い森でAFがさ迷うのは仕方がないコンデジ、されどもう少し良い方法は無いか?
”キャッチAF”という項目に引っかかった、現在の設定は”アクティブAF”、ためしてみたくなった、玄関先へ。

今までは絞り優先で撮影していたので、プログラムモード、キャッチAF設定、カメラを向けるとAFが追随してくれる。

IMG_7567.jpg

カラスを撮ってみた、プログラムは絞りとシャッター速度を自動で決めてくれる、AFは青枠で被写体を追いかける。
暗い空だがマァマァの写りだった。

IMG_7575.jpg

奥ピントを試した、向かいの庭のヘクソカズラ、ドンピシャとAFが合う、スムースなので驚いた。

IMG_7584.jpg

前ピント、これもドンピシャ、背景のボケもそれなりに、被写界深度も満足の結果だった。

IMG_7583.jpg

10m先の蜘蛛と蜘蛛の巣、これは絞りをもっと変化させないと蜘蛛巣が写らない、使い方次第だ。

IMG_7586.jpg

ISOを2000にして100m先の小さな鳥にレンズを向けた、キジバトだった、さすがにノイジーな写真になった。
これは設定やモードうんぬんではなくてコンデジの限界だろう、丁度カラスアゲハが飛んできた。

キャッチAFの出番だ、鉢植えの花に遊ぶ、半押しで被写体固定、後は連写。

IMG_7577.jpg

AF枠が被写体をとらえて勝手にピントを合わせる、快調だった、となりの鉢植えに蝶が移った、カメラを向けた。

IMG_7581.jpg

半押しの必要が無い、勝手にピントを合わせてくれる、後は連写だけだった。

野鳥撮影は忙しく移動する野鳥なのでアクティブAFの方が優れていると思ったがそうでもなさそうだ。
そしてプログラムモードと併用すれば悩みが解決するかもしれない、良い勉強になった。

夕方から雨が猛烈になった、もの凄い音で降り続く、雷もゴロゴロ、早めの夕食にした板長。

IMG_7588.jpg

カツオのタタキに大根おろし、ニンニク、おろしショウガをポン酢であえて”カツオおろし”をキンキンに冷やした。
キャベツ、モヤシ、新タマネギ、ピーマンを酒でのばした”鶏ちゃん味噌”で強火で炒めた”野菜炒め”
冷奴、生野菜サラダ、里いもとイカの煮物で美味しく食した、もちろんビールが”すすむ君”だった。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:0件

コメント