里から里へ

毎日、森に出かけてもいられない、違う場所も歩きたい。
自宅から隣の町内へ、中品野の里から井山の里経由で周回、少し長い距離を歩くことにした。

koniyuri.jpg

町内の外れに咲いていたコオニユリ、高い土台からたくさん垂れ下がる様はまるで木の花みたいだった。
百合は夏の花、梅雨明けが遅れているが暑さは真夏だった。



通学路から中品野の里へ向かう、雑木林を覗く。

ookamomeduru.jpg

咲き終わったオオカモメヅル、味わいのある姿を緑の葉に浮かべていた。

IMG_7541.jpg

見慣れた製陶所の細道、何十年たってもかわらぬ景色、昭和の時代そのままだ。

hiruzakitukimisou.jpg

空き地にポツンと咲いていたヒルザキツキミソウ、どこぞから種が飛んできたのだろう。

県道に合流、ダンプが多いので早足。

IMG_7543.jpg

明日は品野祇園祭、瀬戸の夏祭りでは無い、品野地区独自の夏祭り、屋台が出て賑わう。

脇道を歩いて国道へ出た、またしても細道を歩く。

IMG_7544.jpg

この地区は少し変化が出てきた、新しい家屋が建ち古い家屋はすたれてゆく、瀬戸の奥はこんな風景ばかりだ。

川沿いの道を井山に向かう、春に撮ったレンゲ畑も今は何もない、ひたすら歩いてしまった。

IMG_7546.jpg

のどかな川沿いの田園風景を眺めて一息ついた、再度国道に合流して横切れば井山の里だ。

井山の里ものんびりした田園風景、畦道を歩いただけだった。

IMG_7551.jpg

蛇の目蝶を追いかけて

IMG_7553.jpg

大きくなった柿の実を写す

IMG_7554.jpg

今年は成年になりそうな栗坊主を眺めたら鳥原の里へ向かった。

IMG_7555.jpg

稲も随分大きく育ってきた、2時間歩いていたので暑さに負けて疲れがきた、畦道を少しだけ歩いて自宅へ向かう。

IMG_7558.jpg

オミナエシも咲き出した、秋の七草、女郎花、季節の進行が速い、遅いのは梅雨明けくらいだ。

里をつなげば距離のあるウォーキングになってしまう、今回も歩いてバテた、自宅前の100mは一歩一歩だった。

コメント