心残りの夏祭り

品野地区だけの夏祭り、今年も雨に降られずに開催された。
幹線国道248号を完全に止めるので、時間は決められている、開始午後6時、終了は午後10時。

開始に間に合うように自宅を出た、20分の散歩道、祭りを楽しんだ・・・ただ一つ、心残りがあった。

IMG_7807.jpg

たまらない臭いに心が躍る、「イカ焼き」、marukeiの大好物、夏の屋台の定番、買いたい、買いたい!

昨年も我慢した、持ち帰ってはつまらない、その場で噛り付いてビールを飲む・・・それが出来ないなら我慢!
流れそうなヨダレをのみ込む、「我慢しないで買ったら」、笑う妻の顔を見て我慢を決断、心残りの夏祭りだった。



いつも買い物に歩いて行く散歩道を久しぶりに妻と歩いた、約20分で会場に到着。

IMG_7765.jpg

午後6時に笛が吹かれて交通遮断、パトカーに先導されて”神武天皇”を祀る”山車”が巡行開始地点に向かう。
スタートは7時ころ、歩行者天国になった国道をスーパーに向かった、店内で涼むのが目的。

IMG_7780.jpg

沖縄太鼓演武が始まった、”ハイヤ!、サッサ!”の掛け声とともに身体が躍る。

IMG_7772.jpg

円舞曲は”ビギン”の歌だった、沖縄贔屓のmarukei、演武と曲と掛け声を楽しんだ。

スーパーの中と隣の100円店で涼んだ、皆さんも同様、待ち合わせと涼み客で混雑していた。
そろそろ山車の開始時間が近づいたので国道へむかった・・・”猿が居た”

IMG_7783.jpg

猿回しのお猿さん、ちゃんとそれなりにサービスしていた。

IMG_7784.jpg

記念撮影に協力していた、始めますよ!、お兄さんが声を出して相方を連れて場所移動、我々も移動。

長い口上が終わって猿回しの開始、準備運動は猿回しでない”皿回し”

IMG_7787.jpg

お猿の名前は“十兵衛”、御年24歳(人間に換算すると74歳くらいだとか)、面白おかしく芸が続く。

IMG_7793ab.jpg


言うことを無視する態度も可笑しい、間合いが素晴らしい、妻も大喜び、時間の経過が早い、見切りをつけて移動。

IMG_7804.jpg

7時を過ぎているのに山車の開始の合図が無い、子供ダンスなどの催し物に人出が集まる、混雑してきた。
夜店通りを一回りしたら7時20分、限界、スタート地点に歩いた。

IMG_7809.jpg

提灯に灯りが灯ってスタートが近い、神輿も婦人会の踊り手たちも余裕、開始まで間がありそうだった。

IMG_7810.jpg

神武天皇を祀った山車を見て帰る事にした、戻って、いつもの通学路を歩いた、往きより距離は長い。

何の音?「グウ!」、二人の腹の虫、2時間以上経過していたので思いのほか足取りが重い、たどり着いて万歳だ。

板長が用意していた夕食を並べた、シャワーを浴びて冷たいビールで乾杯、”イカ焼き”を思い出したら情けなくなった。

コメント