山路の森 -- 生きもの編

腰に負担がかからない動作が出来るようになった妻、歩いていないmarukeiを気遣ってくれた。
お言葉に甘えて、山路の森に出かけた、数か月は訪れていない、自宅から車でわずか7分の地。

IMG_8092.jpg

美しい鳴き声で囀る、「クロツグミ」の歓迎があった、滅多に撮れる野鳥でないので何十枚も写した。

ウグイスやらオオルリやら、ときにはサンコウチョウの鳴きまねまでする、美しい声の代表格の野鳥に興奮した。



奥まで入らずに海上の森、山路町入り口前に駐車して歩き出した、本記事は森で出会った昆虫や野鳥の写真である。

赤猿峠入口までは山路の林道、そこから東海自然歩道と合流、雲興寺方面への道となる。
目立つ蝶に出会った、見たことの無い色合いだった。

IMG_8041.jpg

形はジャコウアゲハ、光に黄金色に輝く羽に魅入られる。(調べた結果、ジャコウアゲハの雌だった)

IMG_8037.jpg

優雅で美しい、アゲハ蝶のお妃様のようだ。

雑草だらけの路傍を昆虫さがしで覗きこむ、しかし見つけたのはこの一匹だけだった。

sioyaabu.jpg

シオヤアブ、真っ白な尻毛のフサフサが特徴、可愛くは無いがアブの仲間では美しい方だ。

高い所をシジミチョウが舞う、6m以上もある高い木の葉に停まった、距離も10m以上。

IMG_8043.jpg

デジタルズームをかけて2400mm相当で覗いた、何と”ゴマダラシジミ”だった、近くで撮りたかった、残念。

赤猿峠入口を過ぎてからは、目的の野草を探しながらの歩きとなった、綺麗な鳴き声が近づいて来た。
相当上からなので森の切れ目から探した、遠くの高枝にクロツグミが停まっていた。

IMG_8068.jpg

何せ遠い、逆光ぎみ・・・美しい写真にはならないが位置を変えたりしながら写した。

IMG_8071.jpg

羽を広げて見たり

IMG_8062.jpg

鳴きまねしたり

IMG_8089bn.jpg
 <極彩色モード撮影:倍率は上がらないが、逆光時には効果的なことがわかった>

すっかり長居してしまったので更に奥へと歩く。

IMG_8049.jpg

久しぶりにヤマガラとも出会えた。

雲興寺分岐を過ぎてさらに奥へ進んだ、歩いたことの無い道、”ケーッ!”、と、かん高い鳴き声。

IMG_8107.jpg

100m離れた木に”アオゲラ”が貼りついていた、直ぐに飛び去った。

林道が終わって細い山道が続いている、行こか戻ろか・・・行ってしまった。(次回の記事で失敗談)

痛めた膝を庇いながら車に戻って自宅へ戻った、玄関先の柵の支柱にイトトンボが停まった。

IMG_8027.jpg

自宅前にイトトンボがやってきたのは初めてのことだった、きっとお馬鹿なmarukeiを励ましにきたんだ。

痛む膝を何でもなく見せようとしたが、妻に直ぐにバレテしまった、相も変わらずはしゃいでしまう自分が恥ずかしい!

==山路の森、野草、歩き編に続く==

コメント