ミヤマウヅラの咲く森

一年に一回しか咲かない、季節がやってきた、ミヤマウヅラと名がつくラン科の野草。

IMG_8596.jpg

今年も無事に愛でることが出来た。

深山鶉(みやまうずら)ラン科の多年草、目を皿にして探した、2株しか見つけられなかった。



季節季節に好きな野草がある、ミヤマウヅラもその一つだ、海上の森に咲く貴重な森の花。

IMG_8615.jpg

色も地味、林床に咲くので見つけにくい、昨年に見た場所を丹念に探した。

IMG_8618.jpg

小川を挟むので近づけない、望遠が役に立つ、静かな環境で写せた。

折角に訪れた海上の森、少しは歩こうと思った、暑いので木陰のある物見山林道の出口まで往復することにした。

IMG_8597.jpg

ヤマトシジミが遊ぶ道を被写体を探しながら歩く、最近ヤマトシジミの出現が多い、今年の第二世代だろう。

IMG_8602.jpg

クズの花も咲いている箇所が多い。

IMG_8603.jpg

陽射しに輝くアキカラマツが綺麗だった。

道々の路傍を次々に夏の野草が彩る。

yamazeri.jpg

ヤマゼリだろうか、可愛い花の集合体、海上の森で撮るのは初めてかもしれない。

木蔭の森の道は癒される、いつも撮っている野草なので撮らずに涼を楽しんでいた。
途中で森の先人さんに出会った、久しぶりだった、外周を長く歩かれたらしい、そして野草の話になった。

珍しい花の咲いている位置を教えてくれたが今一わからない、それならと同行させていただいた。

hinanosyakujyou.jpg

ヒナノジャクショウという花、地下で菌類から栄養を得る腐生植物、存在は知っていたが場所が分からなかった。
あまりにも小さいので指摘されないと見つけられない、筒先が割れて黄色い花を咲かせるそうだ。

IMG_8611.jpg

残念ながら花を咲かせている株には出会えなかった、希少種だろう、先人さんに感謝した。
marukeiはミヤマウヅラを撮りに来たと言ったら、逆に案内を請われた、二人仲良くその場所まで歩いた。

yamanoimo.jpg

ヤマノイモが鞘と白い小さな花をつけていた。

IMG_8613.jpg

ソヨゴの真っ青な実、二人で野草や小鳥の話をしながら楽しんで歩いた。

IMG_8614.jpg

真っ白なサワシロギク、季節の花は秋色になって来ている、場所まで案内してお別れした。
marukeiのblogを見てくれている、”奥様心配ですね”と、言って頂いた、少しずつ良くはなって居るとお応えした。

コメント