ご近所の”エナガ”

盆中、遠出も近場にも行かない、隣の町内と雑草地帯を歩いてお茶を濁した。

IMG_8696.jpg

雑草地帯の木陰で涼んでいたらエナガの群れがやってきた、賑々しくて可愛らしい、久しぶりに
大きく撮れた、くりくりお目目が愛らしい、近くで出会える野鳥、これからも宜しく。



出不精になって居るわけでは無い、暑さ、妻の状態など等・・・家にいる方が気が楽だ。
そして歩く場所にも事欠かない瀬戸の田舎、1時間も歩けば満足できる環境でもある。

自宅から歩いて5分、毎朝の妻の散歩コースに合流、新しい住宅が並ぶ。

IMG_8673.jpg

一国一城の主と目が合った、素晴らしい犬舎、手造りの城の主は落ち着いていて吠えもしなかった、羨ましい住まいだ。

住宅地の反対側は県有林、かなりの広さがある、その柵沿いを歩く。

IMG_8676.jpg

ヤマハギが綺麗だ、手つかずの林が残っている、入ったら出てこれそうもない深い林だ。

IMG_8678.jpg

今の時期、どこにでも絡み付いている”ヘクソカズラ”、”屁”と”糞”、もの凄い名前だ、その理由は当然だ。
この花の匂いを嗅いだら二度と顔を近づけたいとは思わないだろう。

IMG_8677.jpg

タカサゴユリも数が多い、強い、歩く路傍の何処かしこにユリの花が咲いている。

住宅地を離れて急坂を県道に向かって喘ぐ、県道を渡ると化学工場。

IMG_8679.jpg

特殊シリカが粉々に砕かれて無造作に積み上げられている、水色の結晶が夏の光りにキラキラと輝く。

IMG_8682.jpg

化学工場と配電盤工場の隙間の細い道で雑草地帯に入り込む、雑草は刈られていた、歩ける道がついていた。

oniyanma.jpg

オニヤンマ、大きくて迫力があるトンボ、幼いころの憧れのトンボだった。

木蔭の無い道を30分以上歩いていたので大汗だった、木蔭を見つけて涼んでいた。

IMG_8697.jpg

目の前の木にエナガの群れがやってきた。

IMG_8692.jpg

忙しく飛び回るグループと静かに休むグループが居た、休むグループは有難い、写せる機会が増える。

IMG_8698.jpg

ぴょんぴょん動くエナガも愛くるしい、それを追いかけるのも楽しい、長い時間遊んでもらった。

エナガの群れる木の上を飛び回る虫がいる、キラリと光る胴体色、タマムシだった。
いるはいるは・・・2本の木に50匹以上はいるだろう、相変わらずの繁殖行動だった。

IMG_8711.jpg

無節操も甚だしい、恋路を邪魔するヤボてんも少なくは無い、”それは無いだろうの3匹ダンゴ”

今年は海上の森などでは出会えないヤマトタマムシ、我が家のご近所は異常発生中!

たかだか3kmの道を1時間30分もかけて歩くお気楽散歩、今日も満足して戻った。

コメント