ホトトギス咲く

少し遠くの里へ行く途中、秋の花が咲き出していた。

IMG_9321.jpg

「ホトトギス」、9月に花期を迎える、真夏日は続いているが、季節の移行を花から教えられる。



30分歩けば山裾の里へ着く。

IMG_9292.jpg

赤とんぼも山から里へ降りてきた。

IMG_9297.jpg

アメリカイヌホウズキが所狭しと咲く山裾の畑道。

IMG_9302.jpg

目の前を悠然とシマヘビが通る、逃げもしない、ヘビがいなくなるまで待った。
この里の野草は開花が遅い、他では終わった花も咲き残っている、これはこれで嬉しい。

IMG_9315.jpg

ヌマトラノオは開花したばかり、何故か新鮮に映る。

IMG_9314.jpg

ツリガネニンジン、不思議な人里、森や山ではないのだが山野草が多い、marukeiお気に入りの里。

IMG_9296.jpg

柿の実が色づく、確実に秋の準備が始まる自然界、朝晩の涼しさがうなづける。

jyanome.jpg

ジャノメ蝶もそろそろ姿を消す時期が近い。

IMG_9294.jpg

今年第二世代のヤマトシジミは冬の初めまで楽しめそうだ。

山裾の里を後にして、いつもの鳥原の里へ戻った。

IMG_9322.jpg

稲刈りは9割がた終了していた土色の里、夏雲が流れる。

IMG_9323.jpg

刈られていない田んぼの稲の上をトンボが群れなして飛び交う・・・秋の景色に酔う。

外周から岩屋堂入口経由でひたすら歩いて自宅裏の標高230mの丘に立つ。

IMG_9332.jpg

鈴鹿の山並みに見惚れる、marukeiの夏山はやってこなかった、仕方がない事なので遠望だけでも楽しむ。

sesujiitotonbo.jpg

大好きなイトトンボを発見、見分けが難しい、セスジイトトンボかオオイトトンボかは不明。
9月を過ぎればイトトンボも終わってしまう、来年まで見ることが出来ない、しっかり探そう。

台風被害が大きい、TV映像を見ていてやるせない、自然災害は本当に恐い、台風12号も上陸しそうだ。
進路に目が離せない日々になりそうだ。

コメント