妻が歩く道

妻の起床は午前5時20分、着替えて早朝ウォーキングに出かけるのが日課だ。
約25分~30分で帰ってくる、同じコースをmarukeiが歩けば40分以上、妻の足は速い。

毎日同じような場所場ばかり散歩しているので、妻のコースをたどり、途中から池に向かうコースで歩いた。

IMG_9938.jpg

妻のコース途中、日当たりの良い場所に”ヤクシソウ”が咲いていた、今年の初見、妻のコースも素晴らしい。



自宅を出て30歩も歩けば空き地となる、法面は雑草天国。

IMG_9934.jpg

大ぶりなピンクのツメクサが目立つ、春ならやり過ごすが、この季節だと輝いて見える。

5分も歩けば県有林の際に出る。

IMG_9940.jpg

とてつもなく広い県有林、馬ゲ城ダムや東京大学森林研究所も敷地内にある、道など無い。

県有林の際を歩く、植生もそれなりだ。

takasagoyuri.jpg

遅咲きのタカサゴユリ、儲けた気分、観察や散策なので歩の進みが遅い、妻ならコースの半分も進む時間が経過。

IMG_9945.jpg

ウラギンシジミもいた、いつもの森と変わりない自然がある。

tumgurokityou.jpg

ハギの花にツマグロキチョウが停まる、素敵なコースを毎朝歩いているんだ。

県有林の際が終わったので、妻のコースと別れて県道に向かう、一直線の登りは堪えた。
県道をトボトボ歩いて岩屋堂へ向かう裏道に入った、ここも我慢の200m登りをヒィヒィ歩いた。

いつもの池周りの散策開始。

akiakane.jpg

アキアカネ、トンボも秋の種に入れ替わる。

aoitotonbo.jpg

大好きなイトトンボ発見、アオイトトンボ、寒くなるまで見られる。

IMG_9948.jpg

ツチイナゴが派手な姿で現れた、成虫では無い、成虫はイナゴのようになる、若さは素晴らしい。

IMG_0006.jpg

久しぶりのコミスジ、スイスイと平行に飛ぶ姿は遠くからみると蝶に見えない、少し追いかけて撮った。

IMG_0001.jpg

銀杏の葉が色づき始めた、標高の高い山や北の山から紅葉の便り、長男の小屋は2600m、紅葉だろう。

IMG_0016.jpg

エナガの群れが飛んで来て遊ぶ、彼らもそろそろネグラに向かう時間になった。

妻が歩く距離と大差ないが、1時間30分もかかってしまった、ゆったり散歩、カロリー消費も少ない
汗だけは二人前、ビールの時間が待遠しい、”ダメダコリャ、痩せるわけないヨ!”

コメント