ノビタキと出会った散歩道

連日のトレーニングで、さすがに足に疲れがたまっている、距離は長く歩くがノンビリとカメラ散歩に戻した。

畑の一画に植えられた里芋畑に見慣れない野鳥が3羽遊ぶ、遠くから望遠してみると

IMG_0652.jpg

ノビタキだった、写真では知っていたが実物を見るのは初めてだった、この里にも遊びに来るんだ。
思いがけない出会いに嬉しさ一杯、遠くからだが彼女らが去るまで写した、ヒタキ類の目は可愛い。


ゆっくり長い距離を歩いて疲れをとろう、いつもの畦道散歩から始めた。

IMG_0661.jpg

秋空に鳶が舞う、三橋道也の歌を思い出す・・・・
「鳶がくるりと輪をかいたホイのホイ、そこから東京が見えるかい」。(あまりにも古い、失礼いたしやした)

目の前を見慣れない野鳥が飛んで行って遠くの里芋畑に降りて行った、慎重に歩いて遠くから覗いた。

IMG_0648.jpg

ノビタキのお嬢さん、雄と違って目が可愛い、少しだけ近づいて撮った、3羽いた。

IMG_0643.jpg

里に当たり前に居る野鳥なので今まで出会っていないのが不思議なくらい、でも会えた。

IMG_0656.jpg

彼女らが飛び去ったので里を後にして岩屋堂へ向かった。

IMG_0665.jpg

渓流沿いでは四季桜が咲き始めていた、桜の花は何時でも美しい。

IMG_0670.jpg

誰もいない瀬戸大滝は夏の納涼時に比べ、少々寒々と感じる、季節なりの景観に心が和む。

IMG_0669.jpg

湿った地にアキチョウジが数株咲いていた、小ぶりだが毎年にこの場所に咲く憂い野草だ。

IMG_0679.jpg

苔の中からダイモンンジソウが咲いている渓谷、見ているだけでも落ち着く。

IMG_0680.jpg

対岸の岩場にもダイモンジソウが咲き乱れる、昨年より数が多く感じた、増え続けて欲しい山野草。

IMG_0686.jpg

西日に煌めく川面をしばし眺めて立ち止まる、そろそろ”つるべ落とし”の季節になってゆく。

牛歩のような歩みでも歩けば距離が進む、いつもの池で立ち止まる。

IMG_0687.jpg

めんこいエナガに出会えた、可愛いので何度で会っても嬉しい野鳥だ。

トレーニングと違う疲労感はあるがゆっくり歩行なので休めば直ぐに回復する。
ホッコリと湯船に浸かって・・・それからは晩餐に舌鼓を打ちながらビールと焼酎に浸った。

コメント