ブラリブラリと岩屋堂

山へ行った翌日なので軽めの散歩、畦道を通らずに岩屋堂へ歩いた。

IMG_0821.jpg

今年の紅葉ライトアップは11月12日からと広報に書いてあった、一部は色付いているが、まだまだ緑のモミジ。
水の流れもそうは冷たく見えない夏日近い気温の午後だった。



足の疲れは残っていない、逆に足が軽い、山登りはやはり足の筋肉が鍛えられる。

IMG_0798.jpg

空は秋空、段々と天高くなってゆく。

IMG_0799.jpg

ノコンギクの咲く道をぶらりぶらり、誠に気持ちが良い。

IMG_0804.jpg

大きなバッタ見っけ、今年は秋の虫を拝んでいない、バッタも久しぶりだ。

IMG_0801.jpg

トンボもめっきり少なくなってきた、秋が深まってゆく。

IMG_0813.jpg

岩屋堂公園の中央園地のモミジは色付きかけている木もあった。

IMG_0811.jpg

アジサイの花壇にポツント一株のオニタビラコが咲いていた、初夏の野草だが小さくて可愛い、どの季節にも似合う。

上部には行かずに橋を渡って雑草地帯を散策。

IMG_0808.jpg

トキワハゼ、秋が深まっているのに群れ咲いていた、野草たちは春と秋は気候的に同じなのであろう。

IMG_0817.jpg

旅館の飼い猫が表に出ていた、しゃがんで声をかけたら3匹もまとわりついて親愛の匂いつけが始まった。
可愛いので暫く遊んで貰った。

IMG_0818.jpg

旅館の石垣のツワブキは終わりかけだった。

無料駐車場経由で戻る。

IMG_0810.jpg

アキノキリンソウが西日に輝く。

IMG_0822.jpg

駐車場川側の斜面のツリガネニンジンは殆ど枯れていた、数株が頑張って名残花を楽しませてくれる。

IMG_0820.jpg

橋の上部にアキチョウジの群落があった、見事な群落に驚いた。

被写体が無いのでスタスタといつもの池まで歩いた。

taiwantubaki.jpg

畑の垣根にタイワンツバキが咲き出した、もう椿の季節がやってきた。

先日の蛇峠山でジョウビタキを見た、冬鳥が渡って来ている、この場所で”タキちゃん”に会えるのも遠くはない。

IMG_0823.jpg

大きな亀が甲羅干しをしている風景を納めたら家路についた。

山小屋の長男から連絡、小屋を閉めて新穂高へ無事下山した、風邪をひいて食べられないと言う。
高山に宿泊、翌日は加賀の温泉で一泊、無事に帰宅して欲しい、妻が一番に喜ぶ、山は初雪、寒さは半端ないらしい。

コメント