春の花・・・みぃ~つけた!

野草の狂い咲きは幾度となく見てきた、しかし、今年は多い。

IMG_0754.jpg

秋の野草、イヌダテに囲まれた中に「キランソウ」が咲いていた、花期は3月から5月、思わぬご褒美だった。



このところの散歩は自宅周り、いつもの畦道を歩く。

IMG_0743.jpg

稲刈りが終わったので通行が可能になった一本道、被写体を探して歩く。

IMG_0740.jpg

春の野草、オオジシバリが一輪、3月~4月の野の花だ、よほど暖かいのだろう、これも嬉しい狂い咲き。

IMG_0748.jpg

イヌホウヅキにヒラタアブが吸蜜、野草の少ない時期は昆虫たちが集まる。

IMG_0744.jpg

畦道には居なかったウラナミシジミも活動範囲を広げていた。

アキノウナギツカミが群生している場所は昆虫たちの憩いの場。

IMG_0750.jpg

シジミチョウはヤマトシジミばかりになって居る。

IMG_0751.jpg

殆どが翅が痛んでいる、成虫越冬をしないので、そろそろシジミチョウの姿を見るのも終わりに近い。

IMG_0753.jpg

小さなハナアブも活動している、夏のように花粉玉をつけているアブは見当たらない、花が少ない野の道。

IMG_0759.jpg

石の上に翅をを全開にしたツマグロヒョウモン、何をしているのか、側に寄っても動かなかった。

IMG_0760.jpg

コスモス畑のツマグロヒョウモン、蝶はやはり花の上が似合う、11月もこの蝶は見られる。

お寺の境内に寄り道、やはり咲いている野草は無かった。

IMG_0762.jpg

ミツマタが冬芽をつけていた、黄色い小さな花を見るのは来年の3月、待ち遠しくもあり、そうでもなし。

帰ろうと思ったが思い出した、サラシナショウマの様子を見ていない、暗い遊歩道を小さな沢に向かった。

IMG_0768.jpg

ヒンヤリした空気に包まれる、解放感のある畦道からなので何故かしら見が引き締まる。

IMG_0763.jpg

沢の朽ちたベンチに怪しげな置物・・・暗く静かなので少し恐くなってしまったメリーちゃんの心臓の我が身。

IMG_0767.jpg

一株だけだったがサラシナショウマの蕾を見つけた、一昨年は5株、昨年は3株、毎年減っている。

森から出たら寄り道せずに歩いて帰った、毎日飽きもせず歩き続けている、ボケ防止には最適だろう。
身体の節々が痛む毎日、特に右の背中から腰にかけては痛みが増している、そろそろ病院行きかも?


コメント