キッコウハグマ咲く

開花していることは知っていたが、たくさん咲くまで待っていようと思って出向かなかった。
「もう我慢できない」、いつもの散歩道、岩屋堂に咲いているのである、期待に胸ふくらませて行った。

IMG_0922.jpg

渓谷の斜面に、川の岩の上に、対岸の斜面に独特の形状を魅せてくれた。


花は逃げない、楽しみは後が良い、いつものように畦道に出向いて岩屋堂を目指した。

IMG_0894.jpg

肌寒いくらいの天候、歩くには丁度良い、畦の際、雑草地帯を野草を探しながら歩いた。

IMG_0897.jpg

お馴染みのキバナカタバミ、やや大ぶりな花が素敵だ。

IMG_0898.jpg

モンシロチョウも貴重な花に蜜を求める。

IMG_0895.jpg

マメアサガオも勢力を広げる、日当たりの良い雑草地帯は野草天国。

IMG_0899.jpg

ありゃりゃ、目が点、オオイヌノフグリが咲いていた、春の野草と秋の野草が入り混じる。

IMG_0896.jpg

イヌガラシも数多い、初夏に咲いて、一服、10月なって再度咲き出した。

雑草地帯を終えたら一目散に岩屋堂へ向かった、先日失敗したヤマハッカの場所へ

IMG_0904.jpg

一株しかないヤマハッカ、先日はボケ写真だったので慎重に写した、花が小さいのでピントが合わせにくい。

上部へ歩いて渓谷の右岸を歩く。

IMG_0912.jpg

アケボノソウも健在、最後の一株が花を開いていた。

IMG_0917.jpg

ダイモンジソウは今が盛り、左岸の岩に咲いているのを望遠で撮った、左岸には踏みあとがしっかり
近づいて撮るために道がついた、いつもは入るのだが今回は望遠で撮った。

キッコウハグマの咲く川の岩を見つけたが望遠でも撮れない、右岸の斜面を見ていたら咲いていた。

IMG_0923.jpg

キク科の多年草、この時期の岩屋堂は簡単には見れない野草が咲く、素晴らしい自然の宝庫である。

瀬戸大滝をやり過ごして左岸を歩いた、左岸の斜面にも咲いていた。

IMG_0928.jpg

昨年より数が多いと感じる、憩いの森の遊歩道沿いは全滅なのでこちらで数が増えれば幸いだ。

IMG_0908.jpg

公園はライトアップの準備が着々と進んでいる、11月12日~だ、来ることは無いだろう。

IMG_0929.jpg

テンニンソウが咲き続けていた、蕾をつけたのも多い、昨年は刈られて全滅、野草の再生力に脱帽。

IMG_0930.jpg

アキノゲシのふんわり綿帽子、これこそ秋の風景、春の野草の狂い咲きも良いが、やはり四季をそのまま
感る方が良いに決まっている。

IMG_0936.jpg

ホオジロも里に降りてきた、枯れた雑草の種を啄む、見ているだけで心が平穏にある。

盛りだくさんの散歩だった、たかだか2時間の散歩道だが充実した内容だった。

寒暖の差が激しい、記事を書いていてクシャミ連発、慌てて厚めの部屋着を出して羽織った。
皆様方も体調にお気をつけてくださりませ!

コメント