雨あがる

夜半からの降雨にあきらめていた午後の散歩、午後2時過ぎに雨が上がった。

IMG_1822.jpg

皇帝ダリヤにぶら下がる小さな小さな雨粒・・・雨上がりの散歩も乙なもんだと思った。


ベットに潜り込んで読書、読むのが疲れたので何気に外を見たら雨は止んでいた。
急いで支度して傘を持って畦道に向かった。

IMG_1818.jpg

道は水たまり、山は雲の中、これでも寒々とは見えない、実際は南風で暖かな昼下がりだった。

IMG_1817.jpg

ボタンヅルも枯れることは無い、次々に花を咲かせる、川べりの雑草地帯に春の野草が先群れる。

IMG_1820.jpg

お馴染のホトケノザだ、増々と数が増えてゆく、今は11月中旬、この暖かさはいつまで続く?

IMG_1823.jpg

キランソウも咲き続ける、切り取る世界は”春です”と、偽っても不思議ではない。

草むらは雨の滴で靴が濡れる、ズボンも濡れる。

IMG_1819.jpg

クローバーの水滴をしっかり浴びながら傘を杖代わりにして畦道を抜けた。

岩屋堂へ向かう車が引切り無しに通る、こんな天気でも紅葉狩り、駐車場は5割の入りだった。
瀬戸駅、道の駅、大学の駐車場から無料シャトルバスが間を空けずに往復する、大型のバスに追いかけられて
いつもの池まで歩いた、歩くには大変だ、車が通らない時間は1分も無い、水しぶきをかけられながらは辛い。

IMG_1846.jpg

ハシビロガモが遊んでいた、カモ第一号だ。

IMG_1853.jpg

雌もハゴロモ藻を一所懸命に啄む。

IMG_1831.jpg

嬉しいな!、カモの季節がやってきた、”ヨシガモ”、”オカヨシガモ”、”マガモ”、”ヒドリガモ”、”オシドリ”
これから順次やってくるカモ達だ、散歩の楽しみが増える。

IMG_1851.jpg

ノイバラの赤い実は野鳥達の食べ物、これを目当てに飛んでくる。

IMG_1879.jpg

暗い空、光が足りない、草の種を啄む”カシラダカ”、久しぶりのご対面だった。

こんな日は長くは散歩できない、靴も濡れた、ズボンも濡れた、写真も撮れた・・・暖かいコーヒーが待っている。

コメント