鴨たちの楽園

日増しにやってくるカモが多くなってきたいつもの池。

IMG_2446.jpg

二日おきくらいにやって来ていたヨシガモも毎日のように遊ぶ姿を見るようになった。
ハシビロガモやオカヨシガモ達も混じり合う、まだ秋の色を映す水面に遊ぶ静かなため池、彼らの楽園と化してきた。



寒さがやって来ている、それでも暖かな昼下がり、散歩はいつものコース。

IMG_2435.jpg

電線で囀るカワラヒワ、綺麗な羽色が日に輝く、姿を見ながらいつもの里へ到着。

IMG_2437.jpg

少しは初冬らしい景色が見られるようになった鳥原の里、草紅葉も所々に色づきをみせる。

IMG_2436.jpg

元気だった緑の雑草も枯れ色に染まりだした、これが本来の季節の姿だろう。
蝶や昆虫の姿の無い里は被写体も少ない、黙々と歩いて寺の境内へ到着、境内の秋色も終わっていた。

IMG_2438.jpg

咲き残りのタイワンホトトギスが一輪、殺風景な境内に華を添えてくれた。

岩屋堂公園を訪れる人は極端に少なくなった、ゆっくりと歩ける。

IMG_2439.jpg

冬の風物である吊るし柿が旅館の軒先を飾るが何故かしら初冬の景色には見えなかった。

IMG_2440.jpg

背景のモミジ色が無くなった10月桜はポツンポツンと可憐な花を咲かせていた、こんな景色に癒された。

IMG_2442.jpg

渓谷には秋の印しが残る、絵になる景色に和む心。
左岸は落石工事で通行止めが一冬続きそうだ、滝まで行かずに引き返して真っ直ぐにいつもの池に向かった。

IMG_2475.jpg

一昨日はいなかったヨシガモが遊んでいた、本格的な冬になればこの池が根城になる。
ようやくそんな季節到来にホットする。

IMG_2448.jpg

オカヨシガモ達も混じって遊ぶ池、じっと見ていても飽きることは無い。

養母の心房細動もやや不安定な状況が続いている、遠出は叶わない、いつもの散歩道が賑わうのは嬉しい!

コメント