コロッケ買いに遠回り

長男の明日の朝食のパンが無い、”任せなさい”、歩いて行く午後の品野道。
向かうスーパーはあまり好きではないが、この地区ただ一軒の店だ、生鮮野菜の管理が悪い。
3回も腐った野菜を買わされた、都度、意見書を出したがあまり改善は見られない、良い点もある
それは”コロッケ”が安くて美味しいのだ、ついでに大好きな”肉コロッケ”も買うことにした。

IMG_2610.jpg

歩き出したら体調が良いので、わざわざ遠回りで向かった、陶器の原材料、陶土を造る工場の中を通る
街中では見られない瀬戸奥の原風景だ、品野地区にはまだこんな風景が残っている。



新興住宅地を抜け、原料工場を突っ切り国道へ向かった。

IMG_2617.jpg

国道手前から脇道に入る、瀬戸は坂の街、通学や通勤、買い物人のための細道も多い。

IMG_2618.jpg

製陶所や工房の連なる屋根の煙突を見ながら細道を歩く、車も通らない快適な散歩道はこの先で終わる。

IMG_2623.jpg

国道248号に出てしまう、通行量は多くは無いが歩くには不向きな道、脇道に急ぐ。

IMG_2624.jpg

脇道に入ると寂れた世界になる、何十年も変わらぬ景色

IMG_2625.jpg

野積みされたスリコギ鉢が風雨にさらされて鎮座している光景、陶磁器産業の衰退を映す。

IMG_2628.jpg

観光用の道しるべも傾く、市民税を納めている立場から言えば、”しっかりして観光協会”と叫びたい。
中心部だけを整備してもほころびは隠せないと思う・・・スーパーは近い、パンとコロッケを買ったら里に向かう。

IMG_2632.jpg

川沿いを歩いたり、畑を突っ切ったり、長い距離を歩いていつもの里へ向かう、”天日干し”、これも瀬戸の原風景。

IMG_2634.jpg

畦が続くいつもの里、ようやく冬枯れが進みだした、ノアザミもドライフラワーと化してきた。

撮る物も無いので岩屋堂の入り口からいつもの池まで歩き続けた、池で一休み、かなりの距離を歩いてきた。

IMG_2614.jpg

休んでいたらアオジが出迎えてくれた、さすが我がマイフィールド、野鳥の宝庫だ、少し歩いて野鳥探し。

IMG_2642.jpg

久しぶりにホオジロ、凛とした顔の雄だった。

IMG_2659.jpg

池の遠くの枝にカワセミ、60mは離れているのでこれが精一杯、近づいてはくれなかった。

IMG_2646.jpg

前回と同じ場所にベニマシコ、この雑木がお気に入りかも知れない。

IMG_2665.jpg

ヤマガラの可愛い姿をみたら帰りに着く、腰にぶら下げた買い物袋、コロッケが帰りたいと言ったような?

IMG_2666.jpg

ヤクシソウが真っ白な綿毛をたくさんつけている、遠くから見るとまるで雪を纏っているみたいだ、冬枯れは進む。

良く歩いた7km近い距離、疲れは感じなかった、牛肉コロッケは美味かった!

コメント