セリバオウレン&カワセミ

この時期に咲く貴重な野草、今年も12月に開花してくれた。
瀬戸の北、我が家から車で10分もかからない場所、ブロ友さんの記事で開花は知っていた。

IMG_2807.jpg

「セリバオウレン」、キンポウゲ科の野草、2月~3月に咲く春の野草だが、この地は例年12月に何株かは開花する。
一株三輪の終わりかけだったが、愛でることができた。

帰りにいつもの池に寄ってみた、目の前3mにカワセミが停まった。

IMG_2877.jpg

細枝が邪魔だが、こんなに近くで撮るのは初めての経験、「翡翠色」が鮮やかだった。



オウレンの咲く地、期待に胸ふくらませて探した、葉は沢山出ているが花はなかなか見つけられない。

IMG_2805.jpg

ようやく一株のオウレンを探すことが出来た、終わりかけだった、終わった株もあった。
1月の中旬にはもっと咲くだろう、暫くはそっとしておこう、山裾まで歩いてみた。

IMG_2808.jpg

シジュウカラが高枝で仲間を呼んだり、ルリビタキの声がするので少し山に分け入ったりして遊んだ。

IMG_2867.jpg

山裾の畑地ではオオイヌノフグリが咲き乱れて、まるで春の装いみたいだった。

ベニマシコが近くに来て藪の中で餌を食べる、たくさんの写真が撮れた。(次回記事で特集)

帰りにいつもの池に寄った、普段は歩いてくるのだが車を空地に停めて少しの時間だけ散策した。
野鳥のアオジが出てきたので撮ろうとしたら、突如、カワセミがアオジを追い払って目の前に止まった。

IMG_2872.jpg

距離は3m前後、いやはや美しい色彩、漢字の当て字は、「翡翠」と書く、まっことそのものの色だ。

IMG_2874.jpg

クローズアップしてみた、迫力の画像が撮れた、小枝が邪魔なので音を立てないように移動を試みたら・・。

IMG_2924.jpg

遠くへ逃げてしまった、残念、こういうチャンスもあるんだ、この日はラッキー日だった、満足、大満足!

コメント