”冬の嵐”が去った午後

夜半前から吹き出した南風が猛烈だ、嵐のような風と雨が2階の窓硝子を叩く。
早朝に風雨が止んだ、午後からは青空がのぞく天気になった。

IMG_2964.jpg

田んぼの”落穂拾い”の最中だった”ハト達”、marukeiの足音に驚いて飛び立った、壮観な羽ばたきだった。



前日はインフルエンザに感染した次男を医者に、この日は養母を医者に・・・忙しい。

IMG_2956.jpg

早朝は嵐を運んだ黒雲が居座る、養母を連れて行った時は雨は止んでいたが、途中から降ってきた。
昼食後に陽が射してきたので、いつもの散歩道に出かけた。

IMG_2971.jpg

冬枯れの畦道、青空がのぞく、降られそうにないので安心していた。

IMG_2959.jpg

年の瀬になって、ようやく”草紅葉”の状態になった畦の土手、例年の半月以上も遅い。
”ポツン”、雨が落ちてきた、カメラをしまったら、”ザーッ!”、雨が落ちてきた、傘が無い!

タオルを頭に巻いて急ぎ足、濡れるがままに歩いた、いつもの池に行く道で雨は止んだ、嬉しい。

IMG_2981.jpg

ヨシガモが羽ばたく静かな池、毎日のように見ているが見飽きることは無い。

IMG_2993.jpg

仲良く遊ぶ鴨達。

IMG_2989.jpg

オカヨシガモは仲良くは遊ばない、仲間だけで餌を探す。

IMG_2978.jpg

遠くにマガモの番がいた、こちらも離れて遊ぶ。

IMG_2991.jpg

水際でバンが苔を食べていた、草なら何でも食べるんだ。

この日の池辺は雰囲気がおかしい、野鳥の囀りも地鳴きも姿も無い、何だろう?、原因は直ぐにわかった。

IMG_2986.jpg

”ノラにゃん”が野鳥を狙って隠れていた、”頭隠して尻隠さず”、野鳥は賢い、寄り付きもしない。

IMG_2987.jpg

耳を立てて雑草に潜む”ノラ”、しつこい、立ち去る気配は全くない、野鳥撮影はあきらめざるを得なかった。

IMG_2958.jpg

色の少ないこの時期、町内にある小売店の店先だけが華やかだ。

IMG_2957.jpg

自宅前に”タキちゃん”がいた、相変わらずメンコイお目目でモデルになってくれた、終わりよければすべてよし。

インフルの次男、イナビルを処方されて3日経過、熱も38度台に落ち着いてきた、頭痛、咳き込みが激しい。
可哀そうだが隔離中、あと2日も経過すれば治るだろう、妻もmarukeiも感染なし、ホットしている。

コメント