墓参り

妻は言いにくいのだろう、毎年に行っている義父の墓参りと墓の掃除。
「そろそろ行こうか?」、の言葉に”ニッコリと笑って「お願します」、行って来た。

IMG_3100.jpg

妻の生まれた街、岐阜県中津川市、四方を山に囲まれた盆地の街、中心部から少し離れた場所にお墓はある。

三人姉妹、義父に一番かわいがられたのは妻だった、お姉さんは義母と共に東京、妹は滋賀県にいる。
お墓に近いのは妻、お盆と年の瀬はお墓の面倒をみるのはmarukei夫婦が良いのに決まっている。

高速道路で45分、途中で花を購入した、お墓は雑草も無く綺麗だった、花を飾って水で洗って線香を立てた。
「よう来たな」、と、中津弁で妻に墓の中から言ったらしい。

IMG_3101.jpg

墓からは義父の好きだった恵那山が大きく見える、雪は少ない、好きな恵那山を毎日みられて義父も幸せだろう。

これで今年も一区切りついた、実家はもうない、久しぶりに実家の前に車を走らせた。
”喫茶店”をしていたのだったが、”から揚げ屋”さんが開業していた、月日の流れは速い。
  • カテゴリ:その他
  • コメント:4件

コメント