蝋梅が咲き出した

本日、12月28日の誕生日の花は「蝋梅」、花言葉は”慈愛心 思いやり”と、ラジオの深夜便で紹介されていた。

IMG_3122.jpg

近くの民家の庭先で咲き出した、前夜から午前中まで降り続いた雨粒を抱えて咲いていた。
12月に咲き出すのは、早生種だろう、一足早い春を垣間見た気分だった。



前夜からの強風と雨は午前中降り続く、休みの長男が髪を切ってくれた、新しく仕入れたバリカンを持ち出してきた。
プロのスタイリストだが”バリカン”は使い慣れない、しかし、上手い、さすがにプロ、綺麗になった頭は寒い!

夕食にコースロール(キャベツのせん切り)を出す予定、妻に「大葉を混ぜますか?」聞いた、嬉しいと言った。
散歩コースは決まった、大葉が無いのでスーパー往復するしかない、雨上がりの午後、寒い頭で歩き出す。

IMG_3103.jpg

真っ赤なナンテンも真ん丸雨粒を抱えて鮮やかだ、閉鎖中の椿園があるので近寄ってみた。

IMG_3108.jpg

椿も咲き出した。

IMG_3107.jpg

白い椿も美しい、何十種類も植えてあるが、外からはこの二種だけが見られた。

IMG_3105.jpg

園の中の枯れ木に”タキお嬢さん”がいた、今期はジョウビタキの数が多い、どこにでも居る。

自然林の側道を抜けると焼き物の小径にでる、ここを歩くと必ず聞こえてくる、”ジジババの歌声”

IMG_3111.jpg

防音装置が無いのであろう、民家のようなカラオケ喫茶から”演歌”の歌声が大きく聴こえる。
何回と通っても演歌しか聴いた試しがない、車は7台、みなさん年の瀬の歌い納めカモ?

IMG_3110.jpg

喫茶の上の電線に普段は群れているムクドリが単独で停まる、まさか”演歌”が好きなムクドリではあるまいか?(笑)

スーパーで”大葉”と”九条ネギ”を購入したら通学路で自宅へ戻る。

IMG_3118.jpg

雨上がりでノラ達も積極的に動き回る、警戒心が強い、声をかけたら逃げていった。
直ぐ先で視線を感じたので見回した。

IMG_3119.jpg

三毛に睨まれていた、声をかけても近寄らず、只々marukeiを見据えていた、鼻筋の色が似合わないニャンコだった。

自宅まで200m、脇道にそれたら民家の庭先に黄色の花が咲いていた。

IMG_3121.jpg

ソシンロウバイだろう、嬉しい出会い、下向きの花を咲かせる、marukei大好きな春の木の花。

IMG_3112.jpg

珍しい!、キセキレイが枝に停まっていた、岩や石の上が専門の野鳥、木の枝にも似合いまする。

センギリキャバツを水にさらして水切り後に細かく切った大葉を混ぜる、大皿に一盛り。
チーズ入りハンバーグとの相性も抜群、アット!いう間に大皿が空になってしまった、買いに行った甲斐があった。


コメント