岩屋の薬師様

岩屋堂という名称の源は、天然の大きな岩の中につくられた祠から出たもの
紳亀2年(725)名僧行基がここで草庵を結び、この岩窟内で3体の仏像を彫刻し、時の聖武天皇の
病気平癒を祈願した霊跡と案内されている。

IMG_3218.jpg

初詣は散歩がてらに岩屋堂の祠にお参りした。

岩屋の中には、1体の薬師石仏と12体の観音石仏が祀られている、普段は灯されていない蝋燭が暗闇に光る。
家族の健康、山好きの息子たちの安全などを祈願した。



朝酒は早い時間に身体から抜けた、春みたいな暖かな午後。

IMG_3217.jpg

いつもの畦道を歩いて岩屋堂公園へ。

IMG_3219.jpg

冬になると鳥原川の水も澄んで清い流れとなる、透き通った水の流れにしばし目と足が止る。
祠に祀られている薬師様にお参りして、公園の中を少し散歩したら裏道からいつもの池に向かった。

IMG_3223.jpg

夕陽に煌めく池、ヨシガモの雌がオカヨシガモに嘴を寄せる、実にのどかな景色があった。

IMG_3224.jpg

日の光りを浴びたヨシガモの頭部が美しいグラデーションに輝く、何て素敵な色なんだろう、見惚れてしまう。

突然に大きな鳥が旋回しながら木の枝に停まった。

IMG_3231.jpg

”鳶”だ、精悍な顔をしている。

IMG_3234.jpg

水面を睨んでいた鳶が突然に急降下・・・カメラの追跡が間に合わない。

IMG_3239.jpg

狩りだ、水面の魚を狙って急降下、上手に足だけで目標を捉えた。

IMG_3240.jpg

獲物をつかんで飛び上がる、停まっていた枝に向かった。

IMG_3249.jpg

美味しそうに捉えた魚を食べ始めた、たぶんブルーギルだろう、この池に大量に繁殖している。

IMG_3263.jpg

食べ終えた鳶は夕陽に翼を照らされながら何処かへ飛び去って行った。

新年早々に自然の営みを垣間見ることができた、大変良い正月の一時を楽しんだ。

”今晩も美味いつまみで美味い酒を楽しもう!”

コメント