冬休みの公園にて

前日、養母の通う通所から電話、両足の爪が異常なので切ろうと思っても難しい。
化膿する可能性があると通所の看護師さんからだった、行って確認した。

言葉にならないほど異常だった、爪がつま先から折れ曲がって指の腹にそって伸びている、信じられない。
聞いてみた、切れないから10年くらい切っていない、痛いのは嫌だと言う・・病院行決定。

ネットで探して名古屋市守山区に近い医者に行った、恐がっておとなしい養母、医者曰く切ればいい。
切っていただけるので任せた、30分以上かかって切ってもらった、折れ曲がった角で圧迫されて化膿寸前だった。

疲れ切って帰って来て午後から隣の市で用事をこなして、ついでに森林公園に立ち寄った。

IMG_3378.jpg

猛烈な北風が吹く、重たいmarukeiの身体も風で持って行かれそうになる、青空に西洋凧が上がる。
冬休みの子供たちが遊ぶ公園、外周を2周回する予定だったが1周だけで疲れてしまった。

兎にも角にも10年伸ばした爪の処置が終わってほっとしたのが幸いだった。



枯葉が渦を巻いて飛び上がるほどの強風、歩いている人も身を縮めざるを得ない。
子供たちは元気だ。

IMG_3379.jpg

凧遊びに夢中だ、微笑ましい風景に心が和む・・・が、寒い!

IMG_3380.jpg

幼子とお母さん、子供にとっては母がすべてだ、marukeiにはそんな記憶すらない、子供かえりした養母を
なだめて医者に連れて行った午前中、色んな記憶が蘇った。

IMG_3373.jpg

静かな池も波立つ、ファインダーを覗いて無防備な体が風に押されてしまう。

IMG_3342.jpg

カワウは並んで風を楽しんでいるように見えた。

IMG_3343.jpg

風に向かって翼を広げる、虫落としでもしているのだろう、カワウは元気、marukeiは元気なし。
2周めをあきらめて自宅へ向かった、そして雑草地帯に車を停めて休憩した。

IMG_3382.jpg

この日もベニマシコのお嬢様がお出迎え、嬉しいモデルさん登場だった。

IMG_3385.jpg

ツグミも”おったでよ~”・・・名古屋弁ではこう言う。

これからは伸びた爪だけを切るんだよ・・・”嫌だ!”、子供じゃないんだから・・”痛いから嫌だ!”
どうしようもない会話、言った、「今度は爪を剥いでもらう」、ようやく切ると返事が来た、情けない!

コメント