鉛色の空の日

数年に一度の寒波が週末にやってくる、marukei地方も金曜の夜から””マークが連続している。
今までの暖かさが嘘のような午後、明日は歩けないかもしれない、歩けるときの散歩が日常だ。

自宅を出て直ぐに本物の”タキちゃん”がお出ましだ。

IMG_3552.jpg

やはり”可愛い!”、恋しい彼女に出会えた、幸先良い散歩スタートだった。


タキちゃんに出会って県道から畦道に向かった。

IMG_3671.jpg

黒雲が覆う”鉛色の空”、ポツリと氷雨が落ちてくる、風が強い畦道は寒すぎる、なるべく早い歩足で通り過ぎる。

IMG_3666.jpg

寒さに似合わない花が咲いていた、この寒さでは明日にも花は枯れてしまいそうだ。
歩けるだけ歩いておこう・・・岩屋堂の森の中へ突入。

IMG_3555.jpg

落ち葉を踏みながら急な登りを休まずに歩く、森の中の寒さは半端ない、林道に合流したら踵を返した。

IMG_3558.jpg

森の出口にジョウビタキ、こんな所に彼の縄張りがあったのに気がつかなかった、ルリビタキと競合だ。
いつもの池までまっしぐら、池についたら珍しく三脚をもったカマラマンさんが池の奥に歩いていった。

IMG_3582.jpg

ほどなくカメラマンに驚いてヨシガモ達が飛び立つ、慌てふためいていた、彼らは何処かへ飛んで行った。

IMG_3560.jpg

残ったのはヒドリガモ一羽、オオバンだけの池になった、そっ~と行動して欲しかったが仕方がない。

いつものように野鳥観察に切り替えた、少々ぬかるんだ雑草地帯に足を踏み入れる。

IMG_3595.jpg

イカルが高枝に停まる、暗いのでISOを1600まで上げたがこの程度、これ以上は上げられない機種。

IMG_3604.jpg

近くに来るヤマガラはこの光でも写せる、ありがとう!

IMG_3605.jpg

北風に体毛がなびく、真ん丸姿で寒さ対策、相も変わらず可愛い。

IMG_3608.jpg

シロハラも近い、何枚か写したかったが直ぐに飛んで行った、中型の野鳥は良い被写体、上手く撮れる。

増々と光を失ってゆく鉛色の空、カラーで撮っても白黒に近い画像。

IMG_3673.jpg

メジロも寒そうだ、加工ソフトで明るくしてもこれが精一杯。

IMG_3669.jpg

コゲラも寒そう、木を突かずに木の実を探して食べる、エネルギーの無駄遣いをしないのが寒さ対策?

草薮の中が騒がしくなった、何だろう?

IMG_3610.jpg

冬は藪から出ないウグイスが飛び出した、慌てて移したのでピンボケ写真、でも冬のウグイスは貴重だ。
騒がしい原因は直ぐに分かった。

IMG_3648.jpg

水辺でカモ達に舐められた”ノラ猫”が潜んで野鳥を狙っていたのだった、この後に猫が襲い掛かった。

IMG_3662.jpg

身体をひねって何を逃れたアオジ、ノラ猫は狩りに失敗、自然は厳しい、ホットしたアオジだった。

自然の営み、ノラ猫を追い散らすことは出来ない、そして停滞していたので寒さ倍増、雑草地帯から抜け出た。

IMG_3597.jpg

帰りの道路わきにカシラダカ、寒い地方から渡って来る、明日からは渡り元と同様の寒さの日中になる。

今朝7時過ぎから長男の車のタイヤを交換、起きて来て手伝ってくれたので早く終わった。
今晩零時から降雪予報、明日は午前中いっぱい降雪マーク、引きこもりの一日になりそうだ。




コメント