遥かなる雪山の展望と冬鳥のアトリ

午前中は買い物、帰りに見た雪山、遠くまで見えそうだった。
車で高見へ行き、そして歩ける場所、自宅から近い定光寺にある県の野外教育センター、素晴らしい展望が待っていた。

IMG_3850.jpg

能郷白山が雪を抱いて大きな山裾を広げる、絶景が待っていた、そして、今年初見の冬鳥

IMG_3827.jpg

待ち望んでいた”アトリ”が群れで歓迎してくれた、超満足の散歩だった。

(本日は3ケ月1回の定例食事会、午後に出かけて午前様確定、予約投稿にしました)



自宅から10分少々、まずは定光寺公園の正伝池の駐車場へ置き車、池を一周してみる。

IMG_3842.jpg

カルガモやアヒルが遊ぶ池、遊歩道を歩いていると、野鳥が群れていた。

IMG_3822.jpg

”アトリ”だった、今年は出会えていない冬鳥の一つ、嬉しくて何回もシャッターを押す。

IMG_3832.jpg

地面に降りて餌を探す。

IMG_3837.jpg

後姿も美しい、待ちに待った冬鳥に出会えた喜びは大きい。

IMG_3838.jpg

大きな音をたてて車がやってきた、アトリ達はビックリして森の深い場所に飛んで行った。

悠々と遊んでいたカモ達が慌てて橋の方へ飛んで行く、パニくっているみたいな喧噪だ。

IMG_3847.jpg

オジサンが餌を与えていた、カモ達は知っているんだ、たぶん毎日のことだろう、次から次にカモ達が集まっていた。

一周したら車に戻って野外教育センターへ、麓に車を停めて、嫌というほどの急坂を登る、嫌いな坂だが仕方がない。
100mほど頑張ると高い展望台が見えてくる。

IMG_3868.jpg

marukeiには恐怖の展望台、高所恐怖症なのだ、登りは良いが下りは恐い、股下が寒くなる。
最上階までは登らずに2段下で雪山の展望を楽しんだ。

IMG_3864.jpg

南西には伊吹山、すっかりと雪化粧していた、花の名山、登った記憶が蘇る。

IMG_3853.jpg

上部は霞んでいたが加賀の名峰である白山、左の三の嶺から別山の稜線まで見える、ここも花の名山。
ハクサンの冠をいただく高山植物は多い、特にハクサンコザクラは可憐な花だ、もう愛でる体力は無いだろう。
妻と2回登った、一回目は途中で雪に降られて大倉山で引きかえした記憶も脳裏に浮かぶ。

IMG_3861.jpg

今も5人の登山者が眠る御嶽山、雪が深そうだ、遺族が裁判を起こすらしい、自然災害は判断が難しい。
ここもmarukei夫婦の好きな山、特に飛騨頂上と継子岳の稜線歩きが大好きだ、雷鳥もたくさんいる素敵な山だ。

白山と御嶽山の間に雪山が見える、同定は難しいが・・・。

IMG_3859.jpg

奥の白い山は福井の荒島岳だろう、手前は平家だけの稜線かも知れない、こんなに見えたのは久しぶりだった。

恵那山も南アルプスも高い山頂部分だけが顔を出していた、見飽きない景色、大いに堪能した。

恐る恐る展望台を降りたら周回遊歩道を歩く、約50分の散歩道。

IMG_3873.jpg

等高線の緩やかな山道、標高200mくらいの周回道、小鳥の声を聴きながらゆったりと歩いた。

IMG_3870.jpg

そしてルリビタキのお嬢さんの歓迎も受けた、道は終わってしまった、もう少し歩きたかったが素直に戻った。

過去に歩いた山々の展望、もう歩ける体力は無いだろう、せめて眺めて懐かしむも良いだろう。

充実した2時間少々の散歩、天気の良い日は少しの遠出も良いもんだ!

コメント