夕陽に輝く”ヨシガモ”

散歩に出ようとしたら携帯を持って妻が玄関へ・・・養母が通う通所からだった。
同じ日に通っている方がインフルエンザA型判明、当日は休みの養母の状態確認だった。

散歩を止めて養母の所へ出向いた、悠々と昼食中だった(他の人はとっくに終わっていた)、時間は12時50分
いつまで食べているのか・・・職員さんに頼みごと、通所への連絡など等、インフルは大丈夫だろう。

散歩はとりあえず止めて汚れた車2台の洗車とワックスがけを実施、疲れ切ったmarukei、少し休んだ。
気がついたら午後3時半を過ぎていた、歩きたいのでいつもの池まで短い散歩に出かけた。

IMG_4155.jpg

西に傾いた太陽の光を浴びた”ヨシガモ”、頭部が素敵なグラデーションに輝く、自然の色彩の美しさに感嘆!



午後5時からは板長の仕事があるので散歩時間は一時間以内と決めて池に歩いた。
いつもと同じ風景、カモ達の仕種に注目してみた。

IMG_4162.jpg

池にはお休み処がある、オオバンが毛づくろい、どこが頭部かわからない、面白い姿だった。

IMG_4158.jpg

いつもは亀やアオサギが止る捨てられた古タイヤ、ヨシガモの雌も羽づくろい。

IMG_4161.jpg

雌が終わると順番待ちの雄が上がって羽づくろい、夕方はお休みの準備に忙しい。

IMG_4154.jpg

オオバンが毛づくろいしていた止まり木に若いヨシガモ、なかなか仲間に入れて貰えない、羽づくろいを始めた。

IMG_4165.jpg

別な止まり木ではヨシガモとオオバンが仲良く毛づくろい、おかしな姿だ、面白い。

IMG_4156.jpg

夕陽の傾きが大きくなった、”オカヨシガモ”が赤茶色に輝く。

IMG_4171.jpg

アオサギも夕陽に染まりかけてきた。

IMG_4168.jpg

カワウがポッカリと浮いてきた、そして飛んでねぐらに帰って行った,marukeiも帰ろう。

IMG_4173.jpg

薄暗くなった空に伊吹山がぼんやりと浮かぶ。

IMG_4174.jpg

時間は午後4時20分、傾いたお日様が地平線に向かう、今日も一日が過ぎようとしている
今晩のメニューを思い出しながら家路についた、美味しくつくろう板長marukei、奮闘努力が始まるりだ!

コメント