お喋り雀

畦道の入り口が近づくと賑々しい鳴き声が響き渡る、「チュンチュンチュチュンチュンチュン」

IMG_4076.jpg

夥しい雀達が民家の屋根や電線、低木に集まって騒いでいた、数百羽はいるだろう、顔の向きは同じ方向、何見てる!

昔話の”舌切り雀”を思い出した、優しい御爺さんのように”雀のお宿”で大判小判が欲しいな!


所々の田んぼを耕運機で土を起こしている、虫たちが飛び出るのだろう。

IMG_4073.jpg

人が去るまで近くで待機、一斉に飛び立って田の中に飛んで行く。

IMG_4082.jpg

同じように”カワラヒワ”の群れも田の中を目指して移動する、冬の午後の一コマだ。

IMG_4088.jpg

目つきの鋭い”ジョビ嬢”も畑のまわりで餌さがし。

IMG_4080.jpg

電線では群れを呼んで”アトリ”が声を出す、猫背を正してユッタリ歩き、畦道を抜けたらウォーキングに切り替える。

とりあえずは岩屋堂の入り口へ、背筋を伸ばした歩きは不慣れだ、直ぐに背中が疲れたので休憩。
人のいない林道でお茶、そこはルリビタキの縄張りの中、今まで2回遭遇していたが撮れていなかった。

IMG_4100.jpg

オスの縄張り、岩屋堂で雄を写すのは今年初、地面を歩いて餌を探すルリビタキ。

IMG_4096.jpg

警戒心が強いので近づけない、距離は約15m、彼が歩けばmarukeiも歩く、距離を保ちながら写す。

IMG_4113.jpg

成鳥のオスはやはり美しい!、青と黄色が素晴らしい、皆さんが追いかけるのが理解できる。

IMG_4104.jpg

大きく写したいのでより一層近づいたら、彼は気がついて逃げてしまった、画素も少なくトリミングが
微妙なコンデジの悲哀だ、これだけ写せたら満足しなければいけない、カメラを収納して池まで歩いた。

IMG_4126.jpg

いつもと同じようにヨシガモ達が遊ぶ池に癒される、飽きることない景色に幸せを感じる。

IMG_4145.jpg

池の手前のカヤトにベニマシコの若い♂。

IMG_4127.jpg

何の苦労もなく待つこともなくルリビタキやベニマシコが愛でられるいつもの散歩道
素晴らしい自然が近くにある事を改めて感謝したくなった、腕と肩をグルグル回してストレッチ開始。

IMG_4146.jpg

大好きなベニマシコのお嬢さんに出会ったら帰り支度、背筋を伸ばして”ワンツウ、ワンツウ”、休まずに帰った。

湿布を貼ったら少しずつ良くなる肩の傷み・・・しかし、湿布にかぶれてしまった、猛烈に痒い、困った!

コメント